【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。

2013年10月に『OM-D E-M1』
2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』
そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』

特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。

今回は『スローシャッター×ポートレート』

絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

こちらの写真。シャッタースピードは1/2秒。
特集ページの写真と同じくISO感度は200のままで撮影を行っています。

モデルさんに1秒静止して下さい。と言うのはかなり難しいとは思いますが、1/2秒であればそこまで意識せず撮影が可能だと思います。

今回の撮影方法は本来三脚必須の撮影方法ですが、三脚が使用できる場所ではない為、手持ちでの撮影となります。

OM-D E-M1Xの手ぶれ補正性能を継承した、ボディー単体で最大7段、IS対応レンズを使用した5軸シンクロ手ぶれ補正で最大7.5段という世界最高の手ぶれ補正性能と小型軽量コンパクトなボディのおかげで手持ちな上にスローシャッターで撮影が可能となっています。

今まではセンサーサイズが小さい事で、ポートレート撮影はボケが足りない、高感度が必要な暗所や夜の撮影には向いていないなど言われていました。

ですが今回のOM-D E-M1 Mark IIIは、そのイメージをすべて払拭する。だけでなく逆転の発想を得た新しいカメラなのではないかと感じました。

null

Proレンズではしっかりとしたボケ味とピント面のシャープさが際立ちます。

さらに顔認識と瞳AFで安定感と心強さのある撮影時のサポート。

夜景撮影などでは高感度!ではなく手ぶれ補正を存分に使い低感度での美麗撮影。

撮影時の手ぶれ防止だけではなくスローシャッターを使用することで三脚が使用できない場所での手持ち撮影や、表現の幅を広げるポートレート撮影などが出来る。
そんなカメラに仕上がっております。

OM-D E-M1 Mark III

 

絞り:F4 / シャッタースピード:1.3秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3代目にして完成形。

新しい撮影領域を切り開くカメラ。
OM-D E-M1 Mark III

発売まであと少し!待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

 

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年02月23日 18時38分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP