StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】晩秋の近江八幡へ

【OLYMPUS】晩秋の近江八幡へ

気がつけば、2020年も残りわずかとなってしまいました。

今年は季節の移ろいをあまり感じることなく、あっという間に過ぎ去った一年だったような気がします。

そんな中、晩秋の近江八幡へ小さな旅に出かけてきました。

 

まずは日牟禮八幡宮にお参りしてから、八幡山へ。

 

ロープウェイで山頂まで上り、急な石段を歩くと瑞龍寺に到着。

秋晴れの空の下、清々しい空気を全身に吸い込む。

深まる秋の気配としばし戯れる。

実に心地良いひと時です。

さらに山頂の石段を上り、展望台にて近江八幡の町並みとその奥に広がる琵琶湖を見下ろす。

 

山を下り、八幡堀へ。

琵琶湖へと続く水路八幡堀沿いには、白壁の蔵や町屋建物が立ち並び、

その景観の美しさから国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

小舟が浮かぶ水路と石畳の小径、風情ある古い建物の中を散策。

おそらく数百年前から変わっていないであろうその佇まいを眺めながら、気の遠くなるような時間の経過に思いを馳せる。

 

天空の寺院、観音正寺へ。

長い石段をひたすら歩き、たどり着いた境内からの眺めは天空と呼ぶにふさわしい景色が広がります。

 

東近江市にある石馬寺へ。

苔むした長い石段をひたすら歩く。

こちらの収蔵庫には、平安時代・鎌倉時代に造られた重要文化財の仏像が11体安置されています。

中でも、素朴さが感じられる大威徳明王像にグッとくる。

仏像に興味がある方なら、一度は訪れて頂きたいお寺だと思います。

 

石の寺と呼ばれる、教林坊へ。

苔むした巨石が連なる桃山時代の庭園、茅葺きの書院など、侘びさびのかくれ里の風情が溢れています。

この静けさに満ちた美しい庭園を、ただひたすら眺めつづけていたい。

そう思わせる味わい深い古刹でした。

▼今回使用した機材はこちら▼

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年12月19日 11時00分 ]
20+

RECOMMEND

PAGE TOP