StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】簡易マクロで覗く

【OLYMPUS】簡易マクロで覗く

今回、紹介しますのはOLYMPUS (オリンパス) マクロコンバーターレンズ MCON-P02となります。

レンズフィルター径 φ37mm、φ46mmに対応した下記の対象レンズをお持ちであれば、レンズに装着するだけで簡単にマクロ撮影を行えます。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ※
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ ※
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ ※
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R ※
※ 付属のステップアップリングが必要

被写体を大きく撮る近接撮影に興味はあるがマクロレンズをお待ちではないという方におすすめしたい、気軽かつ安価にマクロ撮影を楽しむ事のできるレンズアタッチメントとなります。
これからこちらを使用しての写真を3つのカテゴリーに分けてご紹介し、少しでもその魅力をお伝えできればと思います。

 

使用機材

OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL9 ボディ ブラック
OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ シルバー
OLYMPUS (オリンパス) マクロコンバーターレンズ MCON-P02
(最短撮影距離18㎝、42mmの望遠端で撮影)

①鉱物

イエローフローライト
黒水晶

原石の構造、含有成分などに加えて、光の強さや見る角度によっても変化する、天然の造形美を映し出せたのではないでしょうか。
今回は鉱物を被写体にしましたが、アクセサリーなどの小物を撮る際にも活躍してくれそうです。

②動物

ヒョウモントカゲモドキ
ジャック・ラッセル・テリア

つぶらな瞳、体の模様、毛並みなど細部まで写し出す事で、写真から肌触りや息遣いまで聞こえてきそうなほど迫力のある写真となりました。
近接撮影では大きく写せる分、動きも大きくなりますので被写体に合わせてシャッタースピードをあげてみると思い描く写真になるかと思います。

③植物

オーニソガラムsp
ヒメヒオウギ

花弁やめしべ、おしべの鮮やかさと繊細さを美しく写す事が出来たのではないでしょうか。
花の種類や色彩など季節によって楽しむ事ができ、動物よりもブレがない分、撮影しやすいと思います。
マクロ撮影において花を撮りたい方も多いと思いますが、筆者もその一人で購入のきっかけとなりました。
写真で紹介した球根植物を含め、育てている植物を撮影する際には重宝しております。

丁度、季節は紫陽花の見ごろを迎えております。
近くの公園に出向き紫陽花も撮影していますので、あわせてご紹介させていただきます。

使用機材

OLYMPUS (オリンパス) PEN E-PL9 ボディ ブラック
OLYMPUS (オリンパス) M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 シルバー
OLYMPUS (オリンパス) マクロコンバーターレンズ MCON-P02

 

 

 

紫陽花の撮影では単焦点レンズを使用しているため、明るくボケ感のある写真となり、瑞々しく青の鮮やかさに目を奪われます。
また少し距離を置いて撮る、近付いて撮るなど撮り分けが出来るため写真の幅が広がり、楽しく撮影が出来ました。

最後に。
これからの季節、梅雨や炎暑となり外に出るのは億劫になりがちですが、屋内でペットや小物の撮影を楽しめるのはもちろん、屋外においても紫陽花につたう雨の滴、日を浴びる向日葵など季節ならではの写真を撮る好機でもあります。
屋内外どちらでも活躍してくれるOLYMPUS (オリンパス) マクロコンバーターレンズ MCON-P02で簡易マクロ撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

新たな視点を得られるかもしれません。

 

 


 

▼ 今回紹介した機材はこちら ▼

[ Category:OLYMPUS & OM SYSTEM | 掲載日時:24年06月08日 13時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

お買い替えなら買取額15%UP 素敵なカメラのはじめかた

RECOMMEND

PAGE TOP