【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。

2013年10月に『OM-D E-M1』
2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』
そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』

特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。

今回は『4K動画×手ブレ補正』

手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie
4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 Xと同様にOM-Log400をプリインストールしています。

Log撮影とは
Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。
この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメージに合った自由度の高い映像表現を可能にしてくれます。

OM-D E-M1 Mark IIIは5軸手ぶれ補正機構を搭載しており、ボディー単体で最大7段分、IS対応レンズを使用すれば最大7.5段分と驚異の補正機能を実現しています。

さらに動画撮影用の『手ぶれ補正モードM-IS1』を搭載。
ボディー内5軸手ぶれ補正に電子手ぶれ補正を組み合わせることでより精度の高い手ぶれ補正性能を実現しています。※5軸手ぶれ補正のみのM-IS2に比べて画角が狭くなります。

今回撮影したレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8
150㎜テレ端でトラの撮影を行いました。

35㎜判換算で300㎜
動画撮影時にも適用される手ブレ補正のおかげで細かなブレはほとんどみられません。

ZUIKOレンズの解像感とたかい描写力のおかげで、トラの体毛や髭、さらにはヨダレまでしっかりと描写しているのがわかります。

ここまで手ブレせず動画撮影が可能だとジンバルを使用せず、どこまで手持ちでクオリティの高い動画撮影が可能か試してみることにしました。

どちらも大幅な進化をした手ブレ補正と顔認識を併せた動画がこちら↓

筆者が後ろに歩きながら動画撮影を行いましたが追従性と認識力の高い顔認識とAFのおかげでモデルさんの顔からピントは外れていません。

モデルさんが回転した後もAFが迷う動作などなくしっかりとピントが合っています。

撮影風景

手持ちで、しかも歩きながらの状態でも大きなブレは無く、映像制作を行う方や、お子様の成長を動画で記録したい方など幅広く、より身近にクオリティの高い撮影をして頂けるのではないかと感じました。

映像制作向けとして動画専用ピクチャーモード選択時にライブビュー映像を見やすくするために、BT.709相当の色域に変換して表示するビューアシスト機能も搭載。

また、ブラックマジックデザイン社製DaVinci Resolveでグレーディング作業をするためのLUT(Look Up Table)ファイルもOLYMPUSの公式HPにて公開しています。

動画撮影に関しての機能もクオリティが格段に跳ね上がった『OM-D E-M1 Mark III』

手ブレ補正やAFなど、大幅な進化を遂げながら動画撮影用のカメラとしても選択肢の1つに入るのではないかと思います。

OM-D E-M1 Mark IIIの動画設定メニュー内にOM-Log400やLog設定と言う表記が無いため設定方法の手順を記載します。

動画メニュー
OM-Log400の設定方法

画質設定
OM-Log400の設定方法

画質設定のピクチャーモードをON
OM-Log400の設定方法

モードダイヤルを動画に設定
スーパーコンパネ(SCP)のピクチャーモード部分を変更
ピクチャーモード1は『Flat』
null
ピクチャーモード2は『OM-Log400』
null

 

 

 

 

 

 

[ Category:OLYMPUS | 掲載日時:20年02月16日 11時00分 ]
2+

NEW POST

MORE
PAGE TOP