StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIで撮り歩き in 夜の中華街

【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIで撮り歩き in 夜の中華街

夜の帳が下りるのがめっきり早くなったこの季節。
その分、夜景を撮るには時間的余裕もでてきます。

今回は、そんな夜の街並みを撮りに、横浜は中華街に足を延ばしてみました。

異国情緒あふれるこの街は、夜ともなれば極彩色が際立つ世界となります。
赤と黄色をメインにアクセントの青がしめる色合いが360度方向にのびています。

そんな中、空を見上げれば一面に提灯が列をなして先へと伸びていました。

前へ回り込むと顔があり、全長数メートルの龍が空を飛んでいる姿でした。
いかにも中国らしい飾りつけで、その迫力に圧倒されます。

その他にも、色鮮やかで巨大なランタンオブジェがそこかしこにあり、春節を思わせる演出がなされています。
神様や神獣をかたどった幻想的な光あふれるこれらは、まさに東洋のイルミネーションといったところでしょうか。

こちらは有名な横浜関帝廟。三国志の英雄関羽を祀った廟で豪華極まりない姿で圧倒してきます。
中国から取り寄せられた資材で中国出身の大工が建てており、装飾にも粋をこらしていて、日光東照宮を彷彿とさせる感じがしました。

今回の撮影は場所柄、赤と黄色の光が多く、すべて赤味のかかった画像になりがちなので、ホワイトバランスの設定をいろいろ変えての撮影となりました。関帝廟正面のカットはオートで撮ると赤が強すぎたので、「電球」設定で落ち着いた色合いに収めました。
使用機材の「OM-D E-M1 Mark II」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」の組み合わせは、強力な手振れ補正に加え、高感度やオートフォーカス性能で手持ち撮影の撮り歩きでも無理なく夜景撮影に臨めました。

▽今回撮影した機材はこちら▽

[ Category:OLYMPUS & OM SYSTEM | 掲載日時:21年12月13日 11時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古決算セール 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP