StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【OM SYSTEM】進化を遂げた次世代のマイクロフォーサーズ OM-1

【OM SYSTEM】進化を遂げた次世代のマイクロフォーサーズ OM-1

この梅雨の時期に必須な防塵防滴機能が備わっているメーカーと言えば、

「OMデジタルソリューションズ」

聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、オリンパスの映像事業部門を受け継いで、2020年に設立された新会社です。

フラグシップ機であるOM-D E-M1Xをはじめとした多数の機種で人気があります。

その中でも密かに気になっていた最新の「OM-1」の魅力に迫りました。

「唯一無二の新しい世界へ」として生まれ変わったOMデジタルソリューションズから新発売となった「OM SYSTEM OM-1」

新たな門出を感じる新製品となっており、発売前のご予約当時から人気があります。

OM SYSTEM OM-1は最新のボディということで沢山の充実した機能が備わっていますが、

今回は、初めて使ってみてこれまでの製品とは一味違うぞ!というところをピックアップしていきたいと思います。

最初は、とっても軽くてさらにグリップの持ちやすさに驚きました。

実用金属中で最も軽量で、金属としての強さも兼ね備えた素材であるマグネシウム合金で作られています。

防塵防滴性能が備わっているとなると重いボディを想像してしまいましたが、そんな不安は必要ないぐらい軽量でした。

過酷な環境はもちろんですが、普段のお出かけや遠出の際にさくっと持って行くのもおすすめです。

筆者は、「OM-1」と「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を持って動物園や近所の散策に行きましたが、

一日中ぶら下げていても負担がなく快適に撮影することができました。

また、外観だけではなく、メニュー画面でも進化を遂げていました。

どこにどんな設定があるのかよくわからなくなってしまう筆者ですが、OM-1のメニュー構成は一新されていてとても見やすくなっていました。

往来のメニュー構成の分割、統合、分類の見直しが行われ、設定項目を瞬時に見つけることができるようになり、

さらに選択できない項目に対して選択できない理由も表示してくれるようになりました。

また往来の書体とは異なり、より見やすい書体が採用されているのも変わった部分となっています。

そして、メニュー構成と同じく見やすくなっているのがファインダーです。

576万ドットの解像とファインダー倍率 0.83倍 (35mm判換算)、そして表示遅れ 0.005秒、120コマ/秒の高速表示性能を備えています。

また、電子ファインダーならではの暗い場面でも被写体が判別できる・露出の状況がわかるといった利点を併せ持つ高性能EVFです。


今回、一番驚いたのは高精度AFです。

1053点のオールクロス像面位相差クアッドピクセルAF方式を採用しています。これによって画面内のどの位置に被写体をおいてもAFが可能です。

また、AFエリアを画面全域に加え、シングル (1×1)、エリア小 (3×3)、エリア中 (9×7)、エリア大 (15×11)、エリア十字 (9, 7) 、

そしてカスタム設定もでき、被写体の大きさや動きに合わせて4種類選択可能です。これによってより正確にピントを合わせ続けることができるのです。

動物園ではこの高速・高精度AFが大活躍。すばしっこい動物には「Large」を被写体が画面全体を動き回る場合などは「ALL」を使ってみるなど

それぞれ特徴にあった選択で狙った被写体を逃しませんでした。

 

手にとってみて「唯一無二、新しい世界へ」という言葉がぴったりのカメラとなっていることを改めて実感しました。

皆さんも是非お手にとってみてはいかがでしょうか。

 

[ Category:OLYMPUS & OM SYSTEM | 掲載日時:22年06月22日 16時16分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP