StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic】グリップ衣替えの時期

【Panasonic】グリップ衣替えの時期

コンパクトなミラーレスカメラ「パナソニック DMC-GM5」
出かえる時に気軽に持ち出せる大きさと重さは、
気を張らないリラックスした撮影を私に与えてくれています。

私が機材を使用する際に注目しているのが「グリップのしやすさ」です。

しっかりと握れる事はブレの防止だけでなく、
滑って落下させてしまう確立を大きく減らせると考えています。

GM5だけに限らず、コンパクトデジタルカメラはそのスタイル故、平面な事が多いです。
社外メーカーで大きめなサイズのグリップもありますが、
GM5のデザインが大きく崩れてしまうため断念。
極力ボディのデザインを崩さずにグリップを得るために、
社外メーカーの貼り付けラバータイプの小型グリップを貼っていました。

今回は貼り付けていた社外メーカーの貼り付け型ラバーグリップを、
純正のグリップ「DMW-HGR1」に衣替えしてみました。


グリップを気にする私がどうして一緒にDMW-HGR1を買わなかったのか・・・
それはDMW-HGR1の素材が気になったからでした。
DMW-HGR1は全体がアルミ素材のグリップです。
ラバーと比べると滑りやすいのではないか・・・という不安から避けていました。
貼り付けラバータイプの小型グリップの粘着力が弱まってきたため、
今回の「衣替え」に踏み切りました。


DMW-HGR1はグリップ部分がローレット加工されており、
グリップ部分の形状は円状の棒のカメラ側1/3を削り出しています。


装着するとこの様になります。
GM5のコンパクトなデザインを損なわないデザインです。
グリップ部分の長さもちょうどいいです。


上から見るとこの様になります。
シンプルで綺麗な指かけが出来ています。
この上から見たデザインが個人的に気に入っています。


肝心のグリップのしやすさですが、思った以上にグリップとしての効果があると思いました。
ローレット加工で滑りも感じず、カメラの固定もしっかりできています。
正直、最初から買っておけば良かったと思ってしまいました。




[ Category:Panasonic | 掲載日時:20年10月21日 11時25分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP