StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic】F1.2でクリスマスを

【Panasonic】F1.2でクリスマスを

今年も早いもので残り1ヶ月となりました。
今年はコロナウイルスの影響もあり、あまり外出できず家に居た方も多かったのではないでしょうか。
しかし、悪いことばかりではありません。
家にずっと居たことにより、家にあるインテリアや花、置物などをファインダー越しで見ることが多くなり、
自宅がこんなにも面白いものだと認識させてくれました。

今回は家にある物を
PanasonicのLUMIX DC-G99とLEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2の組み合わせで撮影しました。


テーブルに置かれたサンタの置物は親戚からの贈り物。
実はこの背景はキッチンでもちろん冷蔵庫も置いてあります。
しかし、F値を開放にする事で背景がなんなのか、わからないくらいボカす事ができ、背景を考える必要がありません。

次に撮影したのは、小瓶にささったアロマスティック兼用のクリスマス飾り。
真上からの撮影を行いましたが、葉やリンゴ、松毬まで細かく描く描写力は、さすがとしか言いようがありません。


他にも白のポインセチアを撮影。
内蔵フラッシュを使用することで、花の濃淡が強く出ています。

そして、少し近所を散策した時の一枚
個人的に水が下に落ちる瞬間はとても好きで、噴水や水面などを撮影してしまいます。

さて、如何だったでしょうか。
今回の機材は、大口径レンズという事もあり、レンズ自体が重く全体的にフロントヘビーでした。
しかし、G99は形状が一眼レフカメラに近いこともあり、グリップ部もしっかりしているので、
ホールド感が有り、手から滑り落ちる心配が全くありませんでした。

最初に申し上げたように今年もあと1ヶ月。
外出して写真を撮るのも良いですが、
今年の春のように屋内でファインダーを覗き、また写真を撮ってみては如何でしょうか。


[ Category:Panasonic | 掲載日時:20年12月01日 17時00分 ]
+1

RECOMMEND

PAGE TOP