StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic】LUMIX-DC S5でハイパーラプス撮影をしてみました

【Panasonic】LUMIX-DC S5でハイパーラプス撮影をしてみました

9/25に新発売されたパナソニックのLUMIX DC-S5

かねてより発売になっていたLUMIX DC-S1シリーズと同じフルサイズセンサー搭載のミラーレス機です。

S1シリーズと比べると小型軽量化されていますが、しっかりホールドできる深いグリップもあり、撮影することを考えた上での小型化になっています。

今回は、ハイパーラプスと呼ばれる撮影方法をS5を使って撮影してみました。

以前、パナソニックLUMIX GX7 MarkⅢでタイムラプスを撮影しましたが、似ているようで別の表現方法になります。
タイムラプスはカメラを三脚などで固定した状態で、数秒おきにシャッターを切っていきます。

以前のタイムラプス動画の記事はコチラ

今回ご紹介するハイパーラプスは、対象物をあらかじめ決めておき、その対象物にピントを合わせた状態でシャッターを切ります。

実際の撮影では首からストラップをかけ、カメラをできるだけ同じ位置から確認するようにし、
モニターにグリッドラインを表示させ、同じ場所に対象物が来るように撮影していきます。
(三脚を使用しても撮影出来ます。)

シャッターを切り、一歩ずつ移動し、またシャッターを切る…という地道な撮影をしました。
今回の撮影枚数は約600枚。

これを画像編集ソフト(今回はアドビ・Lightroom classicを使用)などで色を整え、写真が順番通りに
なるように番号を振ります。
動画になるようにアドビ・Premiere proで編集します。

動画はこちら

 
時間はかかりますが、カメラを使ってできる表現の一つとしてご紹介しました。
動画の中にアクセントとして入れてみると面白いかもしれません。

折角なので、静止画も撮影してみました。
使用したのはキットレンズのLUMIX S20-60mm F3.5-5.6。レンズ単体としても7月に先行販売されています。
広角からやや長めの標準、ポートレートまでカバーできる焦点距離で、使い勝手のいい一本です。

LUMIX DC-S5 + S20-60mm F3.5-5.6 L.モノクローム 焦点距離60mm F11 SS1/60 ISO 100 露出補正-0.7

フォトスタイルの中から3種類モノクロームの設定を選ぶことができます。

LUMIX DC-S5 + S20-60mm F3.5-5.6  焦点距離35mm F11 SS1/5 ISO 100

LUMIX DC-S5 + S20-60mm F3.5-5.6  焦点距離27mm F4.2 SS1/80 ISO 100 露出補正-1.0

ワイド側では最短15cmまで寄れるのは広角レンズならではです。
Lマウントレンズのラインナップの中では小型で驚くほど軽量で、フィールドでの撮影では重宝します。


[ Category:Panasonic | 掲載日時:20年10月05日 11時30分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP