StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic】LUMIX S 24mm F1.8本日発売!

【Panasonic】LUMIX S 24mm F1.8本日発売!

 

遂に発売となったPanasonic  LUMIX S 24mm F1.8 S-S24。

LUMIX Sシリーズの単焦点レンズの中では最広角となる焦点距離24mmをカバーした本レンズ。

加えて大口径F1.8による美しいボケと低照度環境の撮影にも対応します。

 

Panasonic のSL/TLマウントレンズは「S PROレンズシリーズ」と「Sシリーズ」2つのラインナップがあります。

S PROレンズの名称は描写性能、ボケ味、立体感、操作性のすべてを、一切の妥協を許さず追求したレンズに授けられます。

これらのレンズはライカの評価基準もクリアしており「Certified by LEICA」という認証も受けています。

一方で高性能な光学性能だけでなく機動性のことも考えて開発されるのがSシリーズです。

 

S PROレンズに比べ比較的コンパクトに設計されています。

現時点(2021.09.22)でラインナップされているSシリーズの単焦点レンズは24mm,50mm,85mmの3本。

ロードマップでは35mm F1.8も予定されています。

 

左から50mm,24mm,85mmを並べてみました。

一つのシステムとしてみた時にレンズの大きさが同じという点はメリットが大きいです。

カメラバックに入れる際もスペースを作りやすいですし、動画などで使用する際もセットを組みやすい点があります。

 

また24mm,50mm,85mm全てのフィルターサイズが67mmで統一されています。

これもシステムとしては秀でた点だと感じます。

NDフィルターやPLフィルターなどを使用する場合、径が異なるとステップアップリングなどでフィルター径を調整したり、場合によっては全てのサイズを揃える必要があります。全て同じ径で統一されていれば一枚用意しておけば全てのレンズを賄うことができます。

 

最短撮影距離は0.24m(24cm)となっています。

また、フォーカシング時のピント位置の移動に伴い画角が変化するブリージング現象を抑制し、動画を撮影する時にピント送り時の画角変化を抑えた自然な絵作りが可能です。

レンズ構成も11群12枚となっており球面収差やコマ収差を抑える非球面レンズを3枚採用し、高い解像性能を誇ります。

また、嬉しい機能としてフォーカスリングの回転角度を変更できるというものがあります。

回転角度によるフォーカス駆動量を調整することで、シネマレンズのような直感的で細かなピント送りを実現し、撮影者の表現意図に沿った撮影が可能です。

 

いかがでしょうか。

スチルだけでなく、動画にまで考慮されたレンズ。

動画機を作り続けてきたPanasonicだからこそ作り上げることができた一本なのではないでしょうか。

 

本日から発売になっております!

この機会にぜひお求めくださいませ。

ご一緒にMapCameraオリジナルのフィルターはいかがでしょうか。

目立つ印字もなく使い易いデザインです!

 

その他のSシリーズ50mm,85mmはこちら。

 

 

[ Category:Panasonic | 掲載日時:21年09月22日 16時28分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP