StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic】LUMIX S5 先行展示レポート

【Panasonic】LUMIX S5 先行展示レポート

かねてよりティザーサイトが公開されていたPanasonic『LUMIX S5』が、2020年9月3日に正式発表されました。

Sシリーズで培ってきた静止画・動画の高性能を取り回しの良い小型・軽量ボディに凝縮しています。

今回はその実機をパナソニックのショウルーム「LUMIX GINZA TOKYO」で体験してきましたのでレポートいたします。

 

手に取るとまず驚いたのが、その大きさ、重さ。

比較用に同じフルサイズ機『LUMIX S1』と並べてみました。

左:S1、右:S5

『LUMIX S1』との外観比較

外寸(横×高さ×奥行)と質量(本体のみ)
S5:約132.6 x 97.1 x 81.9mm 約630g
S1:約148.9 x 110 x 96.7mm 約899g

 

(背面)

比較画像を見ていただくとS5ボディのサイズ感がお分かりいただけると思います。

一般的にボディサイズが小さくなると、ボタンレイアウトが簡素化され、操作性が悪くなることがありますが「ジョイステック」「AF-ON」ボタンなど従来のSシリーズの操作性を損なうことなく配置されています。

 

(S5背面モニター)

3.0型、約184万ドットのフリーアングルモニターを搭載。

モニターの角度を自在に調整できるので静止画の撮影はもちろん、自撮りやVlog撮影にも便利です。

(上部)

上部には絞りやシャッタースピードなどが調整できるダイヤルを、ボディ上部に2つ搭載。グリップをしっかり握った状態で、ファインダーから目を離すことなく撮影操作が可能です。

「ホワイトバランス」「ISO感度」「露出補正」ボタンに加え、S1H同様に動画記録用の赤いボタンが搭載され、動画機能に力を入れているのが伺えます。

 

ボディの小型化に伴ってバッテリーも新型のものに変更されています。

(奥がS5のバッテリー)

バッテリーの小型化で心配されるのが、撮影枚数ですが省電力化により、S1と比べて静止画撮影可能枚数は向上しています。

S5:[モニター時]
約440枚(DC-S5K付属レンズ20-60mm使用時、付属バッテリーパック)

S1:[モニター時]
SDメモリーカード使用時
約400枚(DC-S1M付属レンズ24-105mm使用時、付属バッテリーパック)

(側面)

記録メディア部分はSDカードのダブルスロットを搭載。映像出力用のHDMI端子はS1シリーズではフルサイズだったHDMIがマイクロ(Type-D)に変更されました。

USB給電・充電にも対応しています(給電しながら撮影が可能)

最後にマイクロフォーサーズ機『LUMIX GH5』との比較。

左:S5、右:GH5

『LUMIX GH5』との外観比較

外寸(横×高さ×奥行)と質量(本体のみ)

S5: 約132.6 x 97.1 x 81.9mm 約630g
GH5:約138.5 x 98.1 x 87.4mm 約645g

 

S5の約半分のセンサーサイズであるGH5と比べるとその小ささが際立ちます。

機動性を考え、S1シリーズへのステップアップを躊躇っていた方には非常にうれしいサイズ感になっていると思います。

 

実際に『LUMIX S5』を手にしてみて、性能・操作性において小さくても一切の妥協がないカメラに仕上がっていると感じました。

特に、動画性能ではハイエンド機である『LUMIX S1H』の動画性能を多く継承しており「4:2:2 10bit」「V-Log」に加えて将来的に動画RAWデータ出力にも対応予定です。

また、放熱ファン未搭載でありながら、8bit収録時は撮影時間の制限なしを実現しているのも驚きです。

数年前から各社が動画性能に注力し、プロ・アマ問わずミラーレスで動画撮影される方も増えてきました。

まさに、動画機能で常にカメラ業界を牽引しているパナソニックらしい多くの方におすすめのミラーレスカメラだと実感しました。

 

LUMIX S5 キャッシュバックキャンペーンもご予約と同時に開催中です。

 

 

マップカメラでパナソニック新製品のご予約をお待ちいたしております。

 

[ Category:Panasonic | 掲載日時:20年09月05日 13時47分 ]
16+

RECOMMEND

PAGE TOP