StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Panasonic 】 LUMIX DC-LX100M2を使ってみよう!

【Panasonic 】 LUMIX DC-LX100M2を使ってみよう!

LUMIX LX100シリーズの2世代目となるLUMIX DC-LX100M2。
今回はこちらの商品についてレビューさせていただきます。

コンパクトデジカメでありながら、

4/3型の大型センサーにF1.7-2.8という大口径のレンズの組み合わせ。

初代から根強い人気を集めています。

LUMIX DC-LX100M2へのアップデートでは、有効画素数1280万画素から1700万画素へ大幅アップ。
そして消費電力を抑えながらスマートフォンに常時接続できます。
なので、Wi-Fiでの自動転送も可能です。
今やこのWi-Fi機能は無くてはならない存在になってきましたが、
その場で撮った写真をシェアできるのは、やはり嬉しい機能です。
また、液晶モニターもタッチパネル化になり、
撮りたい被写体にタッチするだけで、ピントを合わせることが可能。指1本で操作できるのもオススメポイントです。

このように初代からパワーアップしたLUMIX DC-LX100M2で「お家でフォト」に挑戦しました。
まずは、ボディの外見をチェック。
35mm判換算24-75mm相当の内蔵レンズ「LEICA DC VARIO-SUMMILUX 1:1.7-2.8/10.9-34mm APSH.」で、

広角から望遠までを撮影することができます。家で撮影に挑戦したので最短撮影距離に不安がありましたが、

ワイド端で3㎝、テレ端でも30㎝。テーブルフォトもクリアです。

そして、アスペクト比を変えることができます。

「3:2」「16:9」「1:1」「4:3」の中から選べます。

SNSに載せたいなと思ったら、「1:1」にしてみたり、広がりや奥行きを強調したいときは、「16:9」にしてみたり、、、

お好みの構図で楽しむことができます。

もちろん、マルチアスペクトのため、画角を変えずに使用できます。

家では主に物撮りがメインになりましたが、フォーカスポイントに迷うことがたまにありました。

そんなときに活用できるのが、「フォーカスセレクト」という機能です。

画面を49エリアに分けて、高速AFで被写体のフォーカスポイントを瞬時に算出。近くから遠くへポイントを変えながら連続撮影をしてくれます。

そこで、好きなフォーカスポイントの写真を自由に選ぶことが出来るのです。

下の写真を撮る際に、試してみましたが私にとってこれはありがたい機能でした。

どこにフォーカスを当てるか迷う方は、是非この機能を使用して頂きたいです。

室内の撮影だったので、動くものがなく何度もチャレンジ出来ましたが、

とっさの瞬間で設定している時間がない!という時には「iA」ボタンを押すとシーン自動認識が働き、

人を見つけるとポートレートモードにしてくれます。
操作に慣れていないときは、いろいろ設定している間にそのシーンを逃してしまうこともあります。

そんなときはこれで簡単に撮影出来ます。
次回は、この機能を使用し人物撮影にも挑戦したいなと思います。

いかがでしょうか。
持ちやすいうえにスマートなコンパクトデジカメLUMIX DC-LX100M2。
普段使いに最適!と今回使ってみて思いました。

 

 

[ Category:Panasonic | 掲載日時:21年09月20日 13時14分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

指定の中古商品にお買い替えなら買取見積額最大15%UP 中古HalloweenSALE

RECOMMEND

PAGE TOP