【PENTAX RICOH愛】こだわり

メーカー愛スプリングバトルPENTAX RICOH編

6X7」・「645」・「35mm(24×36mm)」・「110サイズ(13×17mm)」
今までに「PENTAX」が製造した
一眼レフカメラ(Single-lens reflex camera)」の
フイルムのフォーマットサイズです。
そして、全て専用レンズマウントが開発されてます。
四種類のレンズ交換式一眼レフカメラを
同時に販売したメーカーは「PENTAX」ほかありません。
PENTAX」には一眼レフたいする
なみなみならぬこだわりを感じます。
PENTAX SLR
我が家の「PENTAX」レンズ交換式一眼レフカメラ
(6X7/67が有りません)

その中でも「asahi PENTAX auto110」は
驚異的というしかありません。
auto110 super
「PENTAX auto110 SUPER」
(「auto110」の改良版)

ほぼ手のひらサイズに
一眼レフカメラの「ミラー機構」と「プリズム」を装備していることと
レンズ交換式」で「交換レンズ」・「ストロボ」等を用意して
システム群が構成されていることです。
「MINOLTA」からレンズ固定式一眼レフ「110 ZOOM SLR/Mk2」や
「Canon」から高級機「110ED」などが発売されていますが
大きさ、システムチャートが出来るくらいの完成度は
asahi PENTAX auto110」しかありません。
auto110 SUPER & WINDER
グリップ兼用「WINDER II」を装着、連続撮影に対応に

技術的にも考えられていて
シャッターを「絞り羽根兼用ビハインドレンズシャッター」に
ミラーを「フイルム用遮光板兼用ミラー」にして
絞り連動機構などを排除して
ミラーボックス」を小さくまとめることに成功しました。
MOUNT
「黒い部分が絞り羽根兼用ビハインドレンズシャッター」
「スプリットイメージ」が見えます

プログラムAE」のみして電子化を図りボディ内の回路をへらし
あわせてダイヤル類を廃しすることでコンパクトに収めています。
軍艦部分
auto110 SUPER」軍艦部分
左側の大きなキャップはストロボ用

絞り機構はカメラ側にありますので
レンズ」側には何もありませんので
そして開放絞り値を交換レンズ全て同じ(F2.8)に
統一することで測光や複雑なプログラムが不要になり
レンズ」も小さくすることが出来てます。
auto110 Lens
左「18mm/F2.8 PanFocus」右「50mm/F2.8」
専用フィルターも各サイズ用意されていました

そして、最終的には交換レンズ「6本」ストロボ「2種類」ワインダーなど
本格的なシステムが構築されてます。
各種キャップ類
左から「ボディキャップ「レンズフロンキャップ」「レンズリヤキャップ」
各レンズ用のフィルター・フードも用意されていました

28mm F2.8
PENTAX-110 28mm F2.8 プログラムオート Kodak 100
28mm F2.8
PENTAX-110 28mm F2.8 プログラムオート Kodak 100

PENTAX」はこだわり貫いて「asahi PENTAX auto110」を
世に送り出したと思います。

↓クリックで1票!

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:13年05月06日 11時50分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP