【PENTAX RICOH愛】PENTAXの便利な機能です。

メーカー愛スプリングバトルPENTAX RICOH編

PENTAX」のカメラに付いている「グリーンボタン
K-5IIsグリーンボタン
K-5IIs」の「グリーンボタン

他のメーカーのカメラに付いてません。
この「グリーンボタン」が「ハイパー(Hyper)」系操作に必要なボタンです。
ハイパー(Hyper)」系操作が最初に搭載されたのは
1991年発売の「Z-1クオーツデート」です。
Z-1P
Z-1クオーツデート」の改良機「Z-1Pクオーツデート

最初は「グリーンボタン」でなく「IFボタン」でした。
IFボタン
Z-1Pクオーツデート」の「IFボタン

発売当時この機能をプロ写真家・雑誌編集者・ライターが
理解できず殆ど紹介されることはありませんでした。
(一部のプロ写真家は理解されて評価していました。)
Zシリーズ」の次期モデル「MZシリーズ」機種には
搭載されませんでした。
2001年発売、異端児機種の「MZ-S」に半「ハイパー(Hyper)」系操作が搭載され
この機種より「グリーンボタン」に変更されました。
MZ-Sグリーンボタン
MZ-S」の「グリーンボタン

ハイパー(Hyper)」系操作が完全復活したのは
2003年発売、「PENTAX」で初めてのレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「*istD」からです。
*istDグリーンボタン
*istD」の「グリーンボタン

K-7」で「Z-1」の時代と同じに背面に移動して
親指での操作に変更になりました。
K-30」は「K20D」の後継機ということで
グリーンボタン」はシャッターボタン付近に設置されています。
PENTAX」の各種デジタルカメラには「グリーンボタン」が搭載されていますが
ハイパー(Hyper)」系操作が搭載されているのは
現在販売されている機種では
645D」「K-5II/IIs」「K-30」前後ダイヤル搭載の3機種のみです。
機能の説明を・・・と思いましたが
前置きが長くなってしまいましたので次回に

↓クリックで1票!

[ Category:PENTAX RICOH | 掲載日時:13年04月30日 10時30分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP