【Photo Movie】CONTAX Tvs DIGITAL

【Photo Movie】CONTAX Tvs DIGITAL

【禁断の高級コンパクトデジタルカメラCONTAX Tvs DIGITAL 】

コンパクトフィルムカメラ、コンタックスTシリーズのデジタル版として2003年に登場しました。コンタックスらしいそのデザインは、今でも色褪せることなく、新鮮でカッコいいと感じます。外装には高価なチタンを使用していて触った感じもヒンヤリとした高級感に溢れています。表面から見た感じはフィルムカメラの T シリーズ共通なのでデジタルカメラとは思えないです。

500万画素という画素数は、今となってはトイデジタルカメラレベルではありますが、カメラは画素数じゃないということを教えてくれるカメラです。そしてレンズはもちろんカール・ツァイスのT*バリオゾナー7.8-21.9mmF2.8-4.8(換算35-105mm)・・・写真はレンズで決まる。

しかし手振れ補正無しのこのカメラを初めて使用した時、少し暗くなると、途端に手ブレれが増えるのに驚きました。デジタルはブレ易いというのは、長年のフィルムの経験から思ったものでした。

記録メディアは現在主流のSDHCは既に使えないことになります。SDカードなので、最大2GBまでしか対応していません。またこのカメラには、今ではあまり見ることが無い光学式ビューファインダーも付いていて、しかも視度補正まで内蔵しています。ボディ外装にチタン合金の採用やレリーズボタンには人工多結晶サファイアを使用と、なんとも贅沢なカメラです。

フォーカスに関しては、AFは決して速いとは言えません。またMFとは言っても、ファインダーやモニターを見ながらピント合わせをする訳でも無く、0.6m、0.7m、0.8m、1m、1.5m、2m、5m、∞から、被写体との距離を元に、どれかを選ぶというものです。古いコンパクトデジタルカメラですが、写りはインパクトがあり、ゆっくり撮影するスタイルをフィルムカメラっぽいと感じれば楽しいと思います。
きっと今のデジタルカメラでは感じることのない「ゆったり」とした時間で撮影を楽しむことが出来る「ずっと使いたいと思わせる」カメラです。

【CONTAX Tvs DIGITAL Movie】

 ただいま、マップカメラが運営する「カメラ」をカッコよく、魅力的に紹介するインスタグラム「自機自賛」でもこちらの動画をご覧いただけます。こんな時だからこそ!自機自賛スピンオフ企画『家にこんなカメラありました』では、お家で眠っているカメラやレンズがたくさんあるかもしれない。また今は使ってないけど、こんなカメラを持っていたな、そんな懐かしいカメラが登場します。
是非こちらも【jikijisan_mapcamera】チェックしてみてください。次回はどんなカメラが登場するのか、お楽しみに!

[ Category:etc. | 掲載日時:20年05月11日 11時00分 ]
17+

NEW POST

MORE
PAGE TOP