【Photo Movie】SONY RX100

【Photo Movie】SONY RX100

【小さな巨人 SONY RX100】

2012年に1型センサーの先駆者的カメラとして初代RX100が登場してから約一年サイクルでこのRX100シリーズは発売されています。ポケットサイズの高画質カメラとして主流になりつつある大型の1型センサーを搭載、それに加えてF1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズなので高画質な写真が撮れる理由でもあります。
2つの大きな特徴を持ったカメラRX100は、これまでのコンパクトデジタルカメラに対する画質の概念を大きく変えます。画質の良い写真を撮るにはレンズ交換式カメラでなければという、ある種の固定概念を覆すカメラとして注目されます。

まず1つの特徴は撮像素子に有効約2,020万画素の1型(13.2×8.8mm)CMOSセンサーを搭載したことにより、通常のコンパクトデジタルカメラに搭載されているセンサー1/2.3型(6.2×4.6mm)程度に比べれば、格別に大きなものということになります。
もう一つの大きな特徴は、カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。35mm判換算で28-100mm相当(3:2比率の場合)となる光学3.6倍ズームレンズで、ワイド端では開放F値1.8の明るいレンズ。大きめのセンサーと明るいレンズで、一般的なコンパクトデジタルカメラとは異なるボケを活かした立体的な描写を得ることができます。

この2つの大きな特徴と性能、小型化のバランスの良さがこのRX100シリーズだと言えます。また直線と曲線を交えたフォルムの金属外装ボディは実にシンプルなデザインで現在のRX100シリーズが続く証です。
カメラはその人の使い方で選び方が変わってきますが、このRX100は何と言っても低予算で綺麗な写真を撮りたい方にオススメできるカメラです。ポケットサイズなので毎日持ち出しても苦にならないため写真を撮る機会が増えて撮りたいシーンに出会えるカメラであり、撮りたい瞬間が撮れる一番ベストな一台です。

RX100シリーズは、8種類のラインナップが存在しますが、最新の7代目となるRX100M7では、静止画の撮影だけでなく優秀なAF性能や手ブレ補正を利用した動画撮影にも優れています。ここ最近よく目にする「VLOG(ブイログ)」、文章や写真の代わりに映像や動画を用いて公開されるブログのこと、つまり「Video Blog(動画ブログ)」にオススメできるカメラこそ、このRX100M7だと思います。
ロングセラーシリーズの原点RX100から最新モデルRX100M7まで、どれだけ進化したのかという部分は興味深いところですが、毎回進化を続けるRX100シリーズの価格と性能から自分に合ったカメラを選んでください。

 

【SONY RX100 Movie】

 ただいま、マップカメラが運営する「カメラ」をカッコよく、魅力的に紹介するインスタグラム「自機自賛」でもこちらの動画をご覧いただけます。こんな時だからこそ!自機自賛スピンオフ企画『家にこんなカメラありました』では、お家で眠っているカメラやレンズがたくさんあるかもしれない。また今は使ってないけど、こんなカメラを持っていたな、そんな懐かしいカメラが登場します。
是非こちらも【jikijisan_mapcamera】チェックしてみてください。次回はどんなカメラが登場するのか、お楽しみに!



[ Category:SONY | 掲載日時:20年06月15日 12時00分 ]
6+

NEW POST

MORE
PAGE TOP