StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Premium Collection】SUMMICRON M50mm F2 Safari

2020年9月1日にマップカメラ本館地下フロアのプレミアムコレクションコーナーがリニューアルいたしました!
リニューアルを記念いたしまして、古今東西の珠玉のプレミアムコレクションをご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介させていただくのはズミクロンM 50mm F2.0 サファリです。
オリーブグリーンカラー基調でペイントされた鏡筒が特徴の1本で、限定数は全世界で500本。

実はこのオリーブグリーンカラーですが、始まりは約60年前までさかのぼります。
元々は、軍用モデルとしてライカM1やM3/M4といった機種をオリーブグリーンカラーでペイントしたものを製造しており、昔から存在しているのです。
野外での運用がメインとなるためエナメルの塗装が施され、その堅牢性と信頼性が高い評価を得ていたようです。

その後一般ユーザーからの要望に応える形ではライカR3 サファリを1977年にリリースし、様々なオリーブグリーンカラーのモデルが生み出されています。
しかしながらライカM用レンズとしてはこのズミクロンが初出となり、記念すべき1本でもあるのです。
真鍮鏡筒のオリーブグリーンペイントに加え、焦点距離とフィート表示はレッドエナメルペイントが施されており、被写界深度目盛とメーター表示のホワイトとのコントラストが印象的。

アルマイト加工された通常モデルのすべすべとした感触とは打って変わって、少しザラリとしたようなマットな感触が独特です。
せっかくですのでボディもオリーブグリーンペイントの選びたくなりますが、どちらも限定で揃えるのは中々一苦労です。そんな時はシルバークロームのボディと併せることで一味違ったエレガントな印象を与えられますよ。
また通常モデルと比べてもそこまで値が張らず比較的お求めやすい価格となっています。初めて限定モデルを手にしたい、そんなお客様にもおすすめの1本です。

[ Category:Leica | 掲載日時:20年09月08日 18時57分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP