StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Premium Collection】Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM ~MapCamera 25th Edition~

2020年9月1日にマップカメラ本館地下フロアのプレミアムコレクションコーナーがリニューアルいたしました!
リニューアルを記念いたしまして、古今東西珠玉のプレミアムコレクションをご紹介していきたいと思います。
今回ご紹介するのはVoigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 MC VM ~MapCamera 25th Edition~です。

マップカメラが25周年を迎える際、株式会社コシナに協力いただき完全限定生産されたオリジナルモデルです。
生産本数はわずか250本のみ。手に入れられた方にもそうでない方にも、今回はその魅力を知っていただこうと思います。

こちらのレンズのベースとなっているのはVoigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 MC VM です。
F1.4という非常に明るい開放値でありながらこのコンパクトさを実現したこのレンズ。
限定モデルとして拘ったレトロな外観も、このレンズの構成あってこそ実現できたものです。

艶やかなシルバーの鏡胴は通常モデルのアルミ製ではなく真鍮を採用。
シルバークロームメッキもこちらのモデル限定のものです。
光源を滑らかに跳ね返したかと思えば、高光量下では明るく鋭く反射するメタリックボディ、重厚感と繊細さを併せ持つ外観。
なんとも所有欲をくすぐる存在です。

さて、このレンズの魅力を語るうえで実は欠かせないのが付属のLH-6フードです。
レンズ鏡胴のデザイン自体も通常モデルには存在しないものですが、こちらのフードもちりめん加工が施された限定デザインなのです。
艶のある銀鏡胴とざらつきのある落ち着いた雰囲気のフード、この組み合わせはこちらのレンズでしか存在し得ません。

小型、銀の鏡胴、Mマウント…初代35mmズミルックスや、35mmズミクロン8枚玉を彷彿とさせる特徴を持っています。
現代のM型デジタルボディは勿論のこと、ミラーレスカメラや、かつてのM型フィルムカメラにもマッチする事でしょう。
旧い歴史を現代に蘇らせる試みは数あれど、今の技術でかつての歴史に歩み寄る行為は、きっとそう簡単に成し得ることではありません。

必ずしも、過去を以て学ぶだけでなく、未来を持って過去を振り返るもの楽しいのではないでしょうか。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年09月12日 19時25分 ]
2+

RECOMMEND

PAGE TOP