StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【RICOH】『私たちの28mm』~GR Limited Edition編~

【RICOH】『私たちの28mm』~GR Limited Edition編~

2022年夏。
MapCameraは28周年を迎えます。
これもひとえに、日頃ご愛顧いただいている皆様があってこそのこと、いつも本当にありがとうございます。現在、28周年企画としてマップカメラスタッフ一押しの「ニハチ」レンズの魅力を皆様に紹介しておりますが、「28」と聞いて真っ先に思い浮かんだ「ニハチ」はRICOHの「GR」シリーズです。
そこで本ブログではRICOH担当フロアスタッフが「GR」の魅力を全7回にわたってお伝えさせていただきます。
それではご覧ください!

 

<https://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/campaign/20131022/より引用>

GRシリーズはコンパクトデジカメでありながら贅沢で、しかし気軽に撮りたいものをその時に撮る。それが出来るカメラです。
その考えのもと「贅沢ながらも気軽に」をテーマにGR Limited Edtionで撮った写真を紹介いたします。

 

 

筆者は旅のお供に必ずメインで撮影するカメラを肩に掛け、サッとシャッターを切りたい時のために、サブカメラを首からかけています。

散歩やメインを持ち出すほどではないときにも、サブカメラは必ず持ち出すようにしております。

サブカメラを何にしようか選んでいるときに筆者がその当時に一目ぼれしたのが、このGR Limited Editionです。

夜間耐性やレンズの描写性能が上がっているカメラが続々と登場していましたが、このカメラは即決で手にしたいと思ったのを今でも覚えています。

最強のスナップシューターと呼ばれるGR。その起動速度は今でも定評があります。

GRが2013年5月に発売され、購入を悩んでいたころに、GR Limited Editionが発売されることを知りました。

その起動の速さはサブカメラとして欲しく、Limited Editionの外観デザインとフードに憧れ、「限定」というワードに目がない筆者は即決で予約をしました。

 

 

小さくて軽くてもAPS-Cを搭載しており、旅の記録であっても高画質で残せます。

目で見たままを残したい時にこのGRは持ってこいですし、

Limited Editionの見た目も相まって楽しく撮影ができます。

 

 

28mmという焦点距離も近い距離で自分の目で旅を堪能しながら、旅の記録する際にその場所から少し引いた画を残すのにはちょうどよい画角です。

 

 

マクロモードに切り替えれば、レンズ先端から10cmまで寄れて、

F2.8の明るさを持つレンズのおかげでボケを活かした写真も撮影ができます。

F8に絞ってもAPS-Cのセンサーサイズの大きさがノイズも少なく撮影ができ、

筆者にとってGRの旅の記録をするには、快適かつ贅沢に撮影できる楽しいカメラです。

 

Sliver Edition、Street EditionやUrban Editionなど、数々の限定モデルを発売してきたEditionシリーズの礎となるLimited Edition。

GR Limited Editionは全世界限定5,000台生産で既に新品を手に入れることはできませんが、マップカメラは中古商品も扱っておりますので手に入れることが可能です。

GRをマップカメラスタッフが熱く語るブログ
次回は全世界3,500台限定のGRIII Street Editionのご紹介です。乞うご期待下さいませ。

使用機材はコチラ↓

[ Category:PENTAX & RICOH | 掲載日時:22年08月02日 14時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

YouTubeでお買物体験 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP