StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【RICOH】GRⅢを片手に旅に出る

【RICOH】GRⅢを片手に旅に出る

先日ふいに筆者に訪れた三連休。天気が良ければキャンプでも行こうかなと考えていましたが、3日とも生憎の雨予報だったのでキャンプは諦めることに…。ただ、せっかくの三連休を楽しみたい!という思いが湧いてきて、荷物をまとめカメラを手にしてひとり気ままに旅先に出発!

今回の旅にもっていくカメラを何にしようか迷いましたが、雨が降っていて荷物も多いのでなるべく身軽なカメラがいいと思いGRⅢをチョイスしました。GRⅢは重さがわずか257gで薄型のコンパクトデジタルカメラで、ポケットに忍ばせることができるくらいコンパクトなカメラです。

行先は前々から行きたいと思っていた名古屋。モーニングの聖地でモーニングを食べて、喫茶店巡りをしたい!という欲望に従い新幹線に乗り込みました。

名古屋に到着して最初に訪れたのは、小路の先にひっそりと佇む喫茶店。喫茶店のランチといえば私の中ではカレー一択。喫茶店のカレーと一口で言っても、昔ながらのカレーであったり、本格的なカレーであったりと様々なカレーを楽しむことができます。今回食べたのはコーヒーで炊いたお米を使った、コーヒーカレーライス。これは珍しいと思い、舌鼓を打ちます。

次に訪れた喫茶店で頼んだのはクリームソーダ。こちらも喫茶店といえばのドリンクです。GRⅢはAPS-Cセンサーが搭載されており最高ISO感度が102400と高感度耐性が高く、暗い店内での撮影でもノイズレスで綺麗に写すことができました。

翌朝には待ちに待ったモーニング。定番の小倉とピーナッツバターの欲張りセットです。

食後の散歩をしていたところ、面白い形の建物に出会いました。球状になっているところはどうやらプラネタリウムのようです。写真で見ても分かる通りかなりの大きさのスペースなので、きっと広い星空が広がっているのでしょう。

 

 

公園を散歩していたところ、紫陽花に出会いました。色付き始めで白と青のグラデーションがとても綺麗だったので、マクロモードで写真を撮ります。マクロモードでは撮影距離範囲がレンズ先端から6~12㎝なので、グッと被写体に近付いて撮影します。

今回旅のお供にGRⅢを連れてきて思ったのは、撮りたいと思った瞬間にすぐに撮れるって素晴らしい!ということです。写真の画質やボケ味等もっと良いものをと考えればキリがありませんが、シャッターチャンスを逃さずにすぐに撮れるというのは写真を撮るうえで大事なことだと思います。GRⅢは起動時間がとても速く、レンズキャップを外す手間もないので、自分の心が動いた瞬間に撮影することができました。

スマホ撮影からのステップアップとして、こだわりのカメラを持っている方はサブ機として、常に一緒に過ごすのにぴったりなカメラです。ぜひ、お試しください。

 

↓今回使用したカメラはこちら↓

[ Category:PENTAX & RICOH | 掲載日時:23年06月06日 11時10分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP