【SIGMA】しぐまびより Part31 B-side

本編には載せなかった写真。
あちらが A sideなら こちらはB side。
B sideにふさわしい(?)マイナーな写真をどうぞ。

null

なんだか華やかなものが撮りたいなぁ。。と思い
家にあった花を一枚。解像が凄いです。

null

水面のボケが面白かったので撮ってみましたが
本当にただそれだけなのでこちらに掲載しました。

null

実はArt 35mm F1.4も持っていましたが採用には至らず。
個人的に焦点部のディテールがよく写っていて好きな一枚です。

null

>窓辺の写真は表紙で使ったのでお蔵入りに。
この写真を現像した感想が「窓の汚れがこんなに鮮明に!」
喜ぶポイントがおかしいので同じく不採用。

ただこの写真もハイライトを調整しました。
SPP内でこのシーンも調整出来るのはやはり嬉しいものです。

null

コップが綺麗に撮れたなぁと思いつつ
やや斜めになってしまった為 こちらに。
金属やガラス、硬質な素材をありのまま写してくれます。

null

物の質感を大事にしたい方にFoveonセンサーは
ピッタリかと思います。

null

日光がサンサンと降り注ぐ白い花。
白飛びします!と撮る前から分かる被写体ですが
こちらも撮影設定とSPPの調整で限りなく抑える事が出来ました。

null

言葉にするまでもなく 鳩 です。
この写真は夕暮れ時で地面が白飛びしないよう撮りました。
その結果、鳩はほぼ真っ黒。
それをSPPでシャドウ部を引き上げました。
よく見ると鳩と影だけノイズが乗っています。

null

この写真を撮った時はほぼ暮れかけ。
僅かな光が遊具に差していたのでどれだけ拾えるのかテスト。
ちなみに開放です。135mmは本当によく写ります。

null

さて、逆光です。
今回試行錯誤が出来たわけではありません。
Foveonセンサーだからと逆光がいつでもダメになる訳ではありません。
ただ、気を揉む必要があるのは間違いありません。
と言うわけで今回はこちらのB-sideに入れさせていただきました。

null

とっさのスナップだって撮れます。

null

最近猫を撮ってないです。
猫が撮りたいです。。

null

B-side のほうが枚数が多くなってしまいました。
肩の力を抜いた感じでご紹介させていただきましたが

既にメイン機をお持ちの方も
唯一無二のセンサーを持つFoveon機をサブ機に迎え入れてみては
いかがでしょうか。

それではまたお会いしましょう。

[ Category:SIGMA | 掲載日時:13年03月01日 17時42分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP