【SIGMA】次世代レンズ『Art 85mm F1.4 DG DN』のサイズ比較

ミラーレスカメラ専用に新設計された『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』 が発表され、カメラ好きの間では大きな話題となっています。
本日は『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』の大きな特徴とも言える大きさに着目し、どれほどサイズが変わったのかを写真にてご紹介させていただきます。

※今回使用しているレンズは(ソニーE用/フルサイズ対応) マウントです。
 

実物を見る前のレンズの元箱のサイズだけで面白くなってしまいましたが、見た目だけだと 85mm F1.8クラスのレンズだと思ってしまうくらいコンパクトになりました。重量に関してはなんと数値上で、ほぼ半分の重さに軽量化されています。

既存:『SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM』 質量:1,245g (ソニーE用/フルサイズ対応)
新型:『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』 質量:625g (ソニーE用/フルサイズ対応)

同じソニーE用マウントということで『SONY FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM』も併せてサイズ比較をしてみました。
 

『SONY FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM』もF1.4のレンズとしてとてもコンパクトなサイズなのですが、『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』はそのサイズより、さらに一回り小さくなっています。重量も約200gほど『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』の方が軽いです。
 

「絞りロックスイッチ」を搭載しており、意図しない絞り値の変化が起きないように配慮されています。
 

さらに「絞りリングクリックスイッチ」により、クリック音をなくすことができるデクリック機構を搭載し、静音かつスムーズな絞り操作が求められる撮影にも配慮しています。「AFLボタン」はカメラから任意の機能を割り当てられるボタンになっています。
 

フードのサイズは中望遠レンズらしいサイズ感ですが、ロックボタンが付いたことにより不意の落下を防いでくれます。
 

ボディに組み合わせたバランスはまさに「ちょうど良い」バランス。というより標準の大口径レンズを付けているような感覚です。
手に持った感覚だけで、これが85mmのレンズだとは誰も思わないでしょう。

ミラーレス専用に新設計されたレンズとはいえ、ここまでコンパクトに仕上げてきた事に驚きました。
今までのシグマArtレンズといえば、高性能ゆえの大口径。サイズや重量よりも描写性能を重視したようなプロダクトだったのに対し、シグマの次世代レンズとも言える『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』は高性能と携帯性を両立させた、全く新しいコンセプトで作られたレンズなのだと感じます。

『SIGMA Art 85mm F1.4 DG DN』はソニーE用/フルサイズ対応・ライカSL/TL用共に8月27日(木)発売予定です。

皆様のご予約お待ち致しております。

 

[ Category:SIGMA | 掲載日時:20年08月12日 19時22分 ]
15+

NEW POST

MORE
PAGE TOP