【SIGMA】FFFを待ち焦がれ

SIGMA DP3 Merrill

フルサイズセンサーのFoveon。
Foveonユーザーになってからずっと夢見ていたその時が
ついに来年実現しそうで考えるとソワソワしてしまいます。

ちなみにFoveon FFは
Quattroの1:1:4からFoveonのオリジナルである1:1:1が採用されるとのこと。

その流れも含め今回は DP3 Merrillで撮影した横浜山手西洋館です。
もともと撮影する人たちにとって楽しいスポットですが
毎年何かの展示が開催されることがあります。
今回、数年前の展示ではございますがどうかご覧ください。

SIGMA DP3 Merrill

金属の質感がたまらないです。

このカメラで撮っていて楽しくなる理由。
個人の主観ではありますが、静かで乾いた写真が撮れることです。

SIGMA DP3 Merrill

カラーでISO 100~200
モノクロで ISO800~1600
モノクロではノイズがむしろ味になって良い感じになります。
モノクロ派の方にもおすすめしたいカメラです。

SIGMA DP3 Merrill

目の前のものをただありのままに写す。
その意味においては全ての色を取り込むFoveonは
ぴったりなカメラだと思います。

SIGMA DP3 Merrill

白のトーンも素晴らしい。
白飛びに弱いセンサーですが怖がらずに露出を決めれば
このカメラだから写せる描写を楽しむことが出来ます。

SIGMA DP3 Merrill

この写真、実は椅子が真っ黒なシルエットになっていました。
黒にたいしてのデータ量がとても豊富だということです。

SIGMA DP3 Merrill

SIGMA DP3 Merrill

SIGMA DP3 Merrill

質感を見せたい。伝えたい。
そんな方にはぜひ手に取っていただきたい一品となっております。
センサーがフルサイズになることでISO感度の使い勝手が一段でも良くなれば喜びを感じます。

来年まで長い、と思っていたら今年ももう半分が過ぎました。
待ち焦がれる間も楽しい時間、と思うとあっという間かもしれません。
Lマウントアライアンスにより提携したSIGMA,LEICA,Panasonic。
楽しみはこれからもっと拡がり続けるはずです。
楽しみましょう、写真生活。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA | 掲載日時:19年07月11日 11時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP