StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SIGMA】Let’s talk about aspect ratio

【SIGMA】Let’s talk about aspect ratio

【アスペクト比】 画像の縦横比のこと。

写真におけるアスペクト比には、オーソドックスな3:2・4:3・1:1・16:9などがあります。

それぞれのアスペクト比には違った個性があり、同じ被写体を撮影したとしても、アスペクト比が違うだけで、受ける印象がかわってきます。

「自分が一番好きな比率はどれか」

今年一年は様々なアスペクト比での撮影に挑みました。

一年で撮影した写真を振り返ってみると、16:9での撮影が一番多かったという結果が出ました。

元々、映像分野からこの世界に入ったので、3:2などの比率より16:9のアスペクト比が一番馴染み深いと言えます。

 

今回は、その16:9とはまた違ったアスペクト比【21:9】が撮影できる「SIGMA fp」と「Contemporary 45mm F2.8 DG DN」のセットで撮影をしました。【21:9】は俗にいう「シネマスコープ」と呼ばれるアスペクト比です。

16:9の比率よりもさらに縦のサイズが狭く、よりワイド感を感じられる比率です。

「スコープ」と呼ばれるスクリーンサイズも数種類ありそれぞれ呼び方が異なります。

海外では「ワイドスクリーン」などとも呼ばれているそうです。

 

今回はカラーモード【ティールアンドオレンジ】を選択しました。

【21:9】のアスペクト比と【ティールアンドオレンジ】、この二つが使えるというだけでも「fp」を選ぶ理由になり得ると思います。屋外と屋内の境目にあたる部分で撮影をしました。ハイとアンダーのコントラストが強く、画面の立体感も良く感じられます。45mmの焦点距離でもアスペクト比が違うだけでワイド感が増します。

 

人は、見えない部分があるとそこを「想像」します。

全てが見えていると、一見情報が多く感じられますが、

「想像」をする余白がない。とも言えます。

被写体の配置、奥行きをどれだけ入れるか、光の方向性など、アスペクト比の違いによって、画面の構成の仕方が変わります。

 

 

 

 

3枚の写真を並べてみましたが、主要な被写体を画面の左配置にするくせが私にはあるようです。

上下が狭い分、左右の配置時のワイド感が増す気がします。

 

 

 

アスペクト比によって表現できる世界が様々に広がっていきます。

 

 

普段の変わらない風景も、違うアスペクト比で覗いてみると、すこし変わって見えてくるかもしれません。

皆様も是非、いつもと違ったアスペクト比で写真を撮ってみて下さい。きっと違った世界が見えてくると思います。

 

 

[ Category:SIGMA | 掲載日時:20年12月15日 19時39分 ]
+3

RECOMMEND

PAGE TOP