【SIGMA愛】技術高さがうかがえます。

メーカー愛スプリングバトルSIGMA編

前回は企画ありきの「135mm F2.8 Pantel」でしたが
今回はかなり力をいれて造られた
XQ Multi-Courted 135nn F1.8
XQ Multi-Courted 135nn F1.8

1970年代「135mm」の大口径レンズは
NikonNEW Nikkor Auto 135mmF2」が有名ですが
コンマ2ですが明るいレンズが
XQ Multi-Courted 135nn F1.8

コンマ2ですので誤差の範囲内と
言う方もいると思いますが
新参者のレンズメーカーにとっては
老舗メーカーより明るいレンズを造れるという
誇りと自信だったのでしょう。
(SIGMAは1973年頃にはカタログに記載されてます。Nikonは1976年発売)

OEMでの供給も多くされたみたいで
価格も安く望遠・大口径は
魅力があり需要も多く有ったのでしょう。

前面レンズにマルチコート・8枚の絞り羽根等
スペックは高いのですが
絞り開放ではコントラストが低く
現在の高画素数のデジタルカメラには
辛い感じがします。
しかし40年前にこのレンズを作る技術は
凄さを感じます。

null
Asahi PENTAX MX S1/250 F1.8 FUJIFILM Trebi100

このレンズに刺激されてNikonNEW Nikkor Auto 135mmF2」や
PENTAXsmc PENTAX-A☆135mm F1.8」などが製造されたと思います。

SIGMA」製品の詳細及びインターネットのでショッピングは⇒コチラ

↓クリックで1票!

[ Category:SIGMA | 掲載日時:13年05月03日 19時56分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP