StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【SONY】α7SIIIで高感度写真を撮る。

 

SONYのα7シリーズの中でも、動画クリエイター向けとされているα7SIII。

動画機として名高い本機は、インターネットでも他のカメラに比べて写真の作例が少ない傾向にありました。

今回はα7SIIIの高感度での写真の作例をいくつかご紹介致します。

 

 

まずはFE35mm F1.8を装着して撮影しました。

こちらのレンズは動画撮影においてもフォーカスブリージングが少なく、

今回のα7SIIIでの動画撮影において親和性の高いレンズとなります。

 

いずれも絞りは開放F1.8に設定し、ISOは10000~12800にて撮影しております。

モニター上ではあまりノイズは目立たず、実用できる範囲です。

 

 

こちらはISO4000~5000にて撮影。

レンズを交換し、次はFE70-200mm F2.8 GM OSSを装着致します。

 

 

まずは同じ被写体を撮影致しました。こちらはすべてISO12800にて撮影。

せっかくなので先のFE35mm F1.8で撮影した写真との色味やボケ感の違いも比較していただければと思います。

 

 

こちらのペンギンもISO12800にて撮影しました。

水中と水面を行ったり来たりする形相がとても可愛かったです。

(著者のお気に入りはアデリーペンギン)

 

 

イルカやクジラがジャンプした際の水しぶきはダイナミックに撮影したいものです。

印象的な水しぶきを写すためにシャッタスピード優先モードにてSSを1/1250秒に固定して撮影しました。

速いシャッタースピードでも、α7SIIIの高感度耐性があれば、安心して撮影することが出来ます。

 

 

動画機のイメージが高いα7SIIIですが、高感度耐性を活かして幅広いシチュエーションで活かす事が可能です。

画素数を抑えている分、撮影後の編集やファイルの保存に関しても手軽に行うことができ、メリットがあります。

 

動画撮影用にご購入を検討されている方にも、ぜひ写真機として積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

[ Category:SONY | 掲載日時:21年06月21日 19時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP