StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】お気に入りのFE 24mm F1.4 GM

【SONY】お気に入りのFE 24mm F1.4 GM

私のお気に入りの広角単焦点レンズは、SONY FE24mm F1.4 GMです。
小型、解像力、歪みの少なさ、綺麗なボケといった要素がギュッと詰まっていて、使用頻度が一番高いレンズです。

今回は、このお気に入りのレンズで風景と夜景撮影をしたので、どうぞご覧ください。

まずは、SONY a7RIVとの組み合わせで広い公園内を撮影しました。
撮影日にはよく雨に降られてしまう私ですが、めずらしくこの日はとても気持ちのいい晴れの日でした。

広々とした公園内を、24mmの画角でサクサクと撮っていきます。
空の青と葉っぱの緑の対比がとてもきれいです。
高画素のカメラとGMのレンズの組み合わせなので、木の幹や葉、空の雲が精細に写っています。
高精細な描写だと、時間が経って写真を見返した際に、その時のリアルな空気感を思い出させてくれます。

今度は、空を多めに入れての撮影です。
広角レンズの楽しさは、画角内に多数の物が入る分、構図のバランスを考えることが1つあると思います。
今回の場所ですと、空や木・草原をどれくらい入れるかで全く違う写真に仕上がります。
無数にある構図の中から、好みの物を選ぶといった感じでしょうか。

空ばかり見上げていたので、下を向いて足元を撮影しました。
ここまでの写真もそうでしたが、広角レンズ特有のパースはあれども、困るような歪みは特に見受けられません。

FE24mm F1.4 GMの1番のお気に入りの点は、開放F1.4で撮影した際に、被写体の立体感がありつつ、キレイな背景ボケを得られるところです。
こちらの写真も案内看板の立体感がしっかりとしています。これは人物撮影や物撮りでも活きるので、非常に気に入っています。

次は夜景撮影のため、時間と場所を変え、さらにカメラをSONY a7Cに変えての撮影です。
このレンズはコンパクトフルサイズカメラのa7Cに取り付けても、小型軽量さを損なうことはありません。
室内からの夜景撮影でしたので、ガラスの反射が写りこまないようにレンズをガラスにぴったりくっつけて撮影をしました。
レンズ表面が大きく出っ張っていないため、このような使い方ができます。

赤い絨毯にイスが並んでいて、オシャレな雰囲気をパシャリ。
公園の写真と同じく、このイスも立体感が出てお気に入りです。

いかがでしたでしょうか。
小型なレンズにも関わらず、高い描写力や明るいF値、被写体の立体感、美しいボケと魅力的なレンズです。
風景や人物、物撮りとシーンを選ばずに使用できるところも非常に良い点です。
広角レンズ選びで迷った際には、この1本をオススメします。

2021年10月22日から2022年1月11日までSONYの「αフルサイズ ウインタープレミアムキャンペーン」が実施されています。
今回使用した機材のSONY a7RIV(ILCE-7RM4A)とFE24mm F1.4 GMは、単品購入でキャッシュバック対象品です。
また、SONY a7Cは対象レンズとの同時購入でキャッシュバック対象となります。
憧れのフルサイズカメラやレンズをお買い得にご購入いただけるチャンスです。
詳しくはキャンペーンサイトをご覧ください。




[ Category:SONY | 掲載日時:21年10月27日 11時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Return of summer ポイント5倍

RECOMMEND

PAGE TOP