StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】この季節に咲く花(19)

だいぶ、日が長くなってきましたね。

でもまだ、突然あったかくなったり、寒くなったり、嵐のような大雨が降ったり、忙しい天気の季節になっても、

散策のお供にカメラは、良き相棒です。

今回は、前回の「二ホンスイセン」はよく梅園の梅の根元に植えられている植物でした。

これも同じように根元に植えられている植物の一つです。

「福寿草・フクジュソウ」です。

旧暦のお正月(2月頃)に咲き始めるので「福告ぐ草」と呼ばれましたが、語呂が悪いので「福寿草」になりました。

別名、「ガンジツソウ」、「ツイタチソウ」とも言います。

芽です。実ところ「福寿草」は」トリカブトと同じ仲間、キンポウゲ科で全草が毒です。

よく、「蕗・フキ」の芽に間違えられて、春の山菜採りで間違えられて、中毒事故が起きてます。

注意が必要です。

参考に「蕗・フキ」の芽です。これは、食べられます。知っていると言う過信は禁物です。

日が当たるとパラボラアンテナの様に上向きに開きます。

それに伴い、花の中央は太陽熱を集めるようになっていて、外気より気温が高くなり、早春、花粉を求める虫の活動を促してます。

夜間や曇天、天気が悪く寒い時は、閉じます。天気や明るさで開閉を繰り返します。

また、東北地方、北海道地域では、春にまず咲く「マンサク」や「土マンサク」と呼ばれ、木に花が咲くのは「木マンサク」と呼ばれてます。

下の写真は「木マンサク」、関東では「マンサク」で今現在、花が真っ盛りです。

【参考文献】

フィールドベスト図鑑16巻日本の有毒植物 佐竹元吉 (その他) 学研

薬草・毒草を見分ける図鑑: 役立つ薬草と危険な毒草、アレルギー植物・100種類の見分けのコツ 磯田 進 (監修)出版社 : 誠文堂新光社

大きくて見やすい! 比べてよくわかる! 山野草図鑑 (朝日園芸BOOKS) 金田/洋一郎(著)  朝日新聞出版

葉っぱで見わけ五感で楽しむ 樹木図鑑 ネイチャー・プロ編集室 (著, 編集), 林 将之 (監修, 写真)出版社 : ナツメ社

牧草・毒草・雑草図鑑 清水 矩宏 (著), 森田 弘彦 (著), 宮崎 茂 (著), 広田 伸七 (著)出版社 : 畜産技術協会

最後に問題です。

写真はある植物の芽です。さて何でしょうか。

ヒント:春を代表する植物です。オランダの国花、新潟、富山の県花です。

答えは最後に。

答えは、チューリップでした。

春は、あともうすぐです。

植物達も準備し始めております。

私もこの事態に、さらに気を抜かず対策し、ルールを守って撮影したいと思います。

[ Category:OLYMPUS SIGMA SONY | 掲載日時:21年02月20日 17時00分 ]
6+

RECOMMEND

PAGE TOP