StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】この季節に咲く花(53)

まだまだ、梅雨は続き、はっきりしない季節も続きます。

状況はまだ、全く変わっていないと思います。

気を引き締めて、気を付けていきましょう。

梅雨はしっとりとした季節ですが、合間の晴れは埃なく光がキラキラしています。

今回は、そんな晴れ間に水面に浮かんでいる花です。

SONY α7RIV ILCE-7RM4AにTAMRON 150-500mm F5-6.7 DiIII VC VXD A057S (ソニーE用/フルサイズ対応)で撮影

「睡蓮・スイレン」です。

湖沼やため池で生育する多年生の浮葉植物で、園芸品種が野生化したものです。

これは葉です。

この形、直卵形~楕円形、大きな切れ込みがあります。

アニメならカエルが乗っかって絵になるか、実際はトンボが産卵、休憩する足場になっております。

蕾です。

葉が混みだすと、日を求めて押しのけて茎が伸びます。

「睡蓮・スイレン」の名前の由来は、本来はヒツジグサ(日本でただ一種、自生の睡蓮)固有種の漢名ですが、

日本ではスイレン属の水草の総称として用いてます。

最初、私はこの睡蓮をヒツジグサだと思っていました。

調べると、絶滅危惧種に指定されているので、ちょっとやそっとには、ありませんでした。

園芸品種のスイレンで「セイヨウスイレン」と判別を私はしました。

違うと言う方がいらっしゃいましたら、教えてください。

ちなみに、漢字で「水連」と書いあるのは間違いで「睡蓮」が正解です。

【参考文献】

大きくて見やすい! 比べてよくわかる! 山野草図鑑 (朝日園芸BOOKS) 金田/洋一郎(著)  朝日新聞出版

改訂版 散歩で見かける草花・雑草図鑑 高橋冬 (著), 鈴木庸夫 (写真) 出版社 : 創英社/三省堂書店

日本の水草 (ネイチャーガイド) 角野 康郎 (著)出版社 ‏ : ‎ 文一総合出版

花蓮品種図鑑 大貫 茂 (著) 出版社 ‏ : ‎ 誠文堂新光社

スイレンとハスの育て方・楽しみ方 岩見悦明 (著)出版社 ‏ : ‎ 家の光協会

梅雨の説明書 vol.7 この季節に咲く花(52)に載せました。

カルガモ親子の続きです。

無事、大きくなっているようです。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

[ Category:etc. SONY TAMRON | 掲載日時:22年06月21日 13時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP