【SONY】スクリューマウントのレンズを使ってみよう

SONY α7IIを手にしてから、日常的に撮影を楽しめるようになってくると「フルサイズのミラーレス機にオールドレンズ」を使って撮ってみたい。

小さくてレトロなデザインのレンズを今時のデジタルカメラにつけてみたら素敵なんじゃないか、と思うようになっていました。

そんな中で選んだレンズは

CHIYOKO

CHIYOKO SUPER ROKKOR 5cmレンジファインダーカメラ用のレンズです。

カメラに取り付けてみると、

sony

思い描いたイメージ通りのルックス。

とはいえ外観はキズが多く、レンズにはクモリが出ています。マップカメラの商品ランクでいえば[難有り品]にあたるようなコンディション。

外装の使用感はしかたないとして、レンズ清掃を修理業者にお願いしてみようかなと検討しながらも、試し撮りを兼ねてあえてクモリのある状態で撮影をしてみました。

CHIYOKO

意外と普通に撮れるのかもしれない

CHIYOKO

光の入り方によっては、ふわりとします

CHIYOKO

桜に引き寄せられ

CHIYOKO

たくさん撮りました

CHIYOKO

素直な写りにびっくりしましたが

CHIYOKO

癖のある描写を求める方には味気なく感じるかもしれません。

モノクロで撮影してみると

CHIYOKO

柔らかさもあり

CHIYOKO

なんともいえない描写

CHIYOKO

オールドレンズの描写にのめり込むと、待っている先には

CHIYOKO

レンズ沼という恐ろしい世界だな、と感じつつも

CHIYOKO

すっかり魅了されていました。

さて、このクモリのあるレンズ。

清掃をしたら綺麗になりそうですが、綺麗になってしまうと違う写りになるのでしょう。

こんなに素敵な描写をするなら、このまま使い続けるのも良いのかもしれません。

▼今回使用した機材はこちら▼


[ Category:SONY | 掲載日時:20年04月04日 09時00分 ]
1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP