StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】マイダーツを紹介いたします。~その3~

【SONY】マイダーツを紹介いたします。~その3~

今回も筆者が愛用しているダーツを紹介いたします。
前回、評判が良かったので今回も引き続きモノクロームの写真でお送りします。
何の意図もなくはじめたこのコーナーですが、意外と評判が良くて驚いています。いざはじめてみると語りたいことが多く筆が乗ります。
コレはKings JAPANというメーカーの『Second Edition90 ラウルス』というモデルです。
今までは全て実際に試し投げをしてから購入してきたのですが、コレだけはネットで購入しました。1度投げてからでなくては不安で買えなかったのですが、ネットショップに『バレル診断』という自分にあったバレルを診断できる機能があり、1度試してみるのも面白いと思い、診断結果のバレルをそのまま購入しました。
実際に使ってみるとたまたまなのか意外と投げ心地が良く気に入っています。
握る部分がやや太目で握りやすくできており、指にあたる部分には幅広のエッジが彫られており、引っかかり過ぎず抜けすぎない丁度良い具合に仕上がっています。

先端が細目なので、集弾率も高いと思われます。

ダーツは言われている通りメンタルスポーツなだけあって性格がもろに出ます。筆者自身といつも一緒に行っている友人のプレイスタイルをみていて実感しました。
トーナメントの時、筆者は小心者なのでシングル戦はいつも頭が真っ白になって普段どう投げていたかも忘れてしまいボロボロの結果なのですが、ダブルス戦は『オレが失敗しても相棒がカバーしてくれる。』という安心感からいつも以上の結果が出ます。試合後はいつも友人に『オレの方がレーティング(ダーツの上手さを示す数値)が低いと思われるじゃないですか。』と小言を言われます。友人は逆で、シングル戦で圧倒的な力を発揮するタイプで、以前出場した大きめの大会でベスト8に入ったほどです。小心者の筆者と負けず嫌いの友人では、得意な分野が違ってくるのです。

ダーツは気軽に始められるスポーツです。道具も小さいためいつも持ち歩く事ができます。趣味人口の年齢層も若者から年配の方まで幅が広いです。何か新しいことを始めたい方にはうってつけの趣味です。

【SONY】マイダーツを紹介いたします。~番外編:スーパースロー動画~

【PENTAX】マイダーツを紹介いたします。~その2~

【PENTAX】マイダーツを紹介いたします。

今回の撮影に使用したRX100M5の性能向上モデル『SONY Cyber-shot DSC-RX100M5A』ございます。

[ Category:SIGMA | 掲載日時:21年08月24日 10時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

Specialthanksfair 商品おすすめコンテンツがLINEで受け取れます

RECOMMEND

PAGE TOP