StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】一度は使いたい憧れのレンズ

【SONY】一度は使いたい憧れのレンズ

皆様はSONY GMレンズについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「GM」とはG-Masterの略。ソニーの最高級レンズの事を指します。
筆者は、いざ自分が使うとなると使いこなせるのか、そもそも値段が高く手を出しにくいといったイメージがありました。ですが標準の単焦点レンズが好きな筆者は、SONY FE 50mm F1.2 GMのレンズを一度でいいから使ってみたい!と憧れを持っていました。

そんな今回、念願のSONY FE 50mm F1.2 GMを使う機会があったので、そのときのデータをご紹介したいと思います。
ボディはSONY α7RIVを使用しました。

まずはポートレート。
ポートレート撮影といえば、80mmのレンズを想像する方も多いと思いますが筆者は50mmで撮るのが好きです。

繊細な描写で、まるで被写体は浮かび上がっているかのよう。
実際、FE50mm GMはポートレート撮影でもよく使われている印象があります。
虜になってしまうようなGMの描写力に感激でした。

解像力もあるので、上のような繊細なものを撮るのにも向いていると感じました。
またF1.2の明るさながら小型軽量な鏡筒、AF速度やMF時の操作感について高い評価を得ています。
F1.2あるともっと大きいレンズを想像してしまいますが778グラムに抑えられています。

AFの速さも、動きものを撮る時に威力を発揮します。
レンズに絞りリングもついているので、F値をすぐに切り替えたい時にもすごく便利です。
個人的にボディ側でF値を変えるよりも、レンズについている絞りリングで切り替えたほうが素早く操作できると感じました。

下の1枚のように同色の被写体を撮影しても奥行きがしっかりと感じられるのも魅力のひとつ。
今回使用した高画素機α7RIVとの相性も抜群で、ますますFE50mm F1.2GMの描写の繊細さが際立ちます。

最短撮影距離0.4m、最大撮影倍率0.17倍ということで近接撮影も楽しめます。
テーブルの上の料理を撮影してみました。椅子に座りながら撮影できるのはなかなか便利です。

器の質感まで伝わってくるかのよう。

α7RIVはAIを用いてリアルタイムに瞳情報を検出し続ける、「リアルタイム瞳AF」を搭載。
AF時に顔/瞳優先を設定しておけば、カスタムキーだけでなくシャッターボタンの半押しやAF-ONボタンを押した際にも瞳AFが作動してくれます。瞳AFもココまで来たか!と思わず感動してしまいます。
AFも静かで、もたつきがなくストレスがありません。

きっと筆者と同じように、FE50mm F1.2 GMに憧れをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
滑らかなボケ感と美しい描写、使いやすさも含め、手放したくないレンズになること間違いなしの1本です。
店頭でも、とても人気あるレンズです!

ぜひこの機会に手にしてみてはいかがでしょうか。

[ Category:SONY | 掲載日時:22年10月14日 17時00分 ]


新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古決算指定商品先下18UP

RECOMMEND

PAGE TOP