StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】新製品「FE PZ 16-35mmF4 G」ファーストレビュー~外観・仕様比較編~

【SONY】新製品「FE PZ 16-35mmF4 G」ファーストレビュー~外観・仕様比較編~

2022年5月27日に新たにSONYフルサイズレンズが誕生いたしました!

本記事ではレンズ外観や機能に注目し、他レンズとの大きさ比較を行っております。

「SONY FE PZ 16-35mm F4 G SELP1635G 」

小型軽量広角ズームレンズ、電子ズームが搭載されております。F4通し広角パワーズームでは世界最軽量のレンズです。今まで電子ズームが搭載されているフルサイズレンズは大型のレンズしかないこともあり、動画ユーザーは特に待望のレンズでした。

実際に持ってみると広角16mmから始まっていることを疑う程のコンパクトさに驚かされました。

フードをつけてもこのサイズ感。これなら手持ちでの撮影を気軽に行えるかと思います。写真のようにローアングルからの撮影も簡単です。

安心のインナーズーム・インナーフォーカス式。重心が取りやすいためジンバルとの相性も抜群です。

簡単ではありますが、実際に使用し、AF動作音がほぼ無音に近いことに驚きました。

またブリージング補正機能にも対応しているレンズなため、動画ユーザーに安心して使って頂けるレンズであること間違いなしです。

ズームレバーは新設計のパワーズーム機能を搭載。到来の電子ズームよりもよりスムーズな操作が可能です。

FX3にて使用するとボディ側に電子ズームレバーが搭載されておりますので、ボディでズームを操ることも可能です。一定の速度を保った高精度なズーミングをすることができます。

 

クリック感の切り替えができるスイッチがあり、絞りリングを操作するにあたりお好みに変えることができます。

「カチカチ」という音が入ってしまう為、動画撮影時にF値を切り替えるときはクリック感はOFFが良いでしょう。クリック感があると切り替えがしやすく、感覚で分かるので個人的にはONが好きです。

 

今回アイリスロックスイッチが搭載されています。撮影中に意図しないときに絞りが変わらないようにすることができます。

LOCKの位置にすると、F値オートを意味する「A」での固定、またはF値を自分で決めるF4-F22の間で固定することができます。LOCKでない反対の位置にすると「A」を含むすべてのF値を設定できるようになります。この機能は意外にも便利です。何かの拍子で誤って操作されてしまうことを防ぎます。

 

続きまして他レンズとの比較となります。他メーカーとの仕様比較を行ってみました。

TAMRON・SIGMAそれぞれ広角ズームレンズの位置づけにあるレンズをピックアップしました。

特にTAMRON 17-28mm F2.8DiⅢ RXDはインナーズーム式でもあり、動画ユーザー、特にジンバルに載せる用途に今なお大人気レンズです。開放F値が異なることもありますが、TAMRONと比べ今回新登場のSONY FE PZ 16-35mm F4Gは約70gほども軽量化されています。ですのでより気軽に広角ズームレンズが持ち出せるようになりました。また、フィルター径はTAMRONが67mmと、一番小さいです。SIGMAはフィルターがつけられないことから動画撮影にはあまり向いていないことが分かります。

他メーカーでF4通しの広角ズームレンズは本レンズのみ。動画において明確な意図がない限りF2.8まで開けることはあまりしないかと思います。風景やセルフィーなどの動画撮影はF4程度で充分だと個人的に思います。まさに動画撮影に特化した新たなタイプのレンズが純正から登場したと感じます。

 

純正レンズの比較は以前の先行体験レポートでも行いました。今回はG Masterレンズも含めて仕様比較表を作成してみました。

F2.8通しであるG Masterレンズと大きさが違うのは当たり前ですが、それにしても重量が倍近く異なることに驚きました。撮りまわしの良さを考慮するのであれば、間違いなくFE PZ 16-35mm F4Gでしょう。絞り環がついているレンズも本レンズだけです。

スチルがメインでツァイスのコントラストの強さ、色のりがよければツァイスの16-35mm、F2.8を生かした作品を作りたい場合はGmasterの16-35mm、そして本格的な映像作品を作りたい場合は今回新登場した16-35mm…と、純正のなかでも用途に合わせて選択できるようになりました。

今回は外観や仕様比較のみでしたので、作例はKasyapaをご覧いただけましたら幸いです。

764:あらゆるニーズに応えるかつてない広角ズーム『SONY FE PZ 16-35mm F4 G』

SONYが動画撮影ユーザーのために考えた本気のレンズ。

ぜひマップカメラでご購入頂けましたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

▼インターネットから対象の新品をご購入頂きますと自然故障に対応した保証が2年間ついております!ぜひネットからのご購入検討ください!▼

[ Category:SONY | 掲載日時:22年05月30日 17時30分 ]

マップカメラのおすすめイベント

創業祭 欲しいを応援SALE

RECOMMEND

PAGE TOP