StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】旅行におすすめ、α7C!

旅行に持っていくカメラはどれがよいだろうか。画質を妥協したくない、でも出来るだけ身軽で行きたい…。

そんなあなたにおすすめなカメラがあります。

それは「SONY α7C」です。小型軽量で持ち運びがしやすいので気軽にフルサイズを楽しむことができます。

今回は実際に旅行での写真をご紹介しつつも、旅先でなぜα7Cをおすすめするのかお伝えできましたら幸いです。

α7Cの最大の魅力はフルサイズかつ瞳AFが使用できる高性能ボディであるにも関わらず小型軽量であることです。

重量約509g、レンズによっては片手でスナップ撮影が楽しめてしまう程の軽さ。筆者にとってグリップの大きさは丁度良く、握りやすさを感じました。

急ぎの場面でない撮影であれば最新機種でなくともα7Cで全く問題ございません。α7Cよりも古い世代のカメラボディとなると、ピント合わせが難しい場面が出てきやすくなることが想定されるため、はじめてカメラを使用したり、カメラ操作に自信がないユーザーはα7Cをおすすめします。

そしてその気軽さを忘れてしまうほどの解像力には驚きを隠せません。上記の写真はまるで目の前に鹿がいるかのような立体感、毛並みがわかる解像力には驚かされました。

α7C・フルサイズだからこその解像力を味わう事が出来ます。

暗所能力もフルサイズ・α7Cだからこそポテンシャルの高さが伺えます。光が少ない場所での撮影となるとノイズが乗りやすくなることが多くありますが、上記の写真は比較的ノイズが目立つことなく撮影ができました。

店頭にて「APS-Cとフルサイズはどちらがよいか」というご質問をよく頂きます。上記のような暗所での撮影がある際は間違いなくフルサイズをおすすめいたします。旅先ですとふとしたタイミングで室内の撮影を行ったり、日が暮れてきた後も撮影する機会に恵まれることが多くありませんでしょうか。ダイナミックレンジも広いので暗いところも明るいところもしっかり写ってくれております。

またSONYミラーレスカメラは、フルサイズ用レンズが多彩にあります。そこも他社ではなくSONYをおすすめする理由のひとつです。EマウントにはSONY純正レンズは勿論、TAMRONやSIGMAなどのサードパーティー製レンズも充実しております。

ボケを生かした写真が撮影しやすい単焦点レンズ、レンズ交換せずに近くから遠くまで撮影できる高倍率ズームレンズなど、ご自身に合ったレンズを選ぶことが出来ます。

またα7Cはバリアングルモニターですので、モニターを自由に動かして撮影することができます。こちらも旅先ではメリットでしかありません。

上記の風情ある小道もバリアングルモニターを使用して撮影しました。少しばかり水溜まりが出来ていたところにタッチでピントを合わせて撮影。簡単にピントを合わせる事ができます。セルフィーも行うことができますので、スマートフォンよりもより高画質で思い出を残す事が出来ます。

筆者がカメラ選びで大切にしているポイントのひとつとしてファインダーがあるか否か。α7Cはファインダーがあり、四角いボディの左端にバランスよく配置されております。

α7Ⅲと比べ少々小さく見辛くはなりますが、このファインダーに慣れてしまえば問題ありません。今回の旅行でもファインダーを覗きながら撮影した写真がいくつもあります。ファインダーを覗きながら撮影すると構図を決めやすいと筆者は感じます。

ちなみに筆者が思う旅先におすすめなレンズは「SONY FE 20-70mm F4 G」。今回使用したレンズもそちらになります。

旅先ではレンズ交換する手間暇がありませんので1本で広くも近くも撮影出来ることは非常に便利です。

例えば上記の写真は20mm側、一番広く撮影をしました。大仏様含め全体の雰囲気がよくわかる1枚となりました。

上記の写真は70mm側、一番大きく写せる望遠で撮影をしました。先ほどの写真とは違い大仏様の細部までよくわかる写真となりました。

このように写る範囲の変動をその場で行うことが出来ます。なかなか行く機会が少ない旅先で悔いなく写真を残すために、SONY FE 20-70mm F4 Gというレンズの選択肢はいかがでしょうか。

勿論人によって好みのレンズは異なります。全長が短い単焦点レンズを選んだり、F値が低い値のレンズを選んだり、逆にもう少々遠くまで撮影できるレンズを選んだりと、旅先でこんな写真を撮りたい!そのためにはどんなレンズが良いのだろう…とレンズを考えるだけで旅先の妄想が膨らみわくわくします。

どちらにせよα7Ⅲなどといったファインダーが中央にあるボディよりもα7Cは小型軽量でありますので、どのようなレンズを選んだとしても比較的軽く持ち運びが出来る事でしょう。荷物が重たいと旅先で歩くのが億劫になる事もありますので軽い事に越したことはありません。

先日α7CⅡというα7Cの後継機が発売されましたが、筆者個人的にはこのような旅先の撮影であればα7Cで充分だと感じます。そしてそれに伴い中古価格の相場が下がりました。2023年10月23日現在お求めやすいボディではおおよそ15万円台で購入できる個体も。ここまで価格がお求めやすくなった事は過去にないのではないかと感じる程、お買い得です。

そのため今α7Cを購入するのであれば中古がおすすめです。ブラック、シルバー、どちらのカラーも豊富に在庫がございますのでぜひご検討頂けましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。α7Cの魅力をお伝えできましたらとても嬉しく思います。実際に皆様が旅行へ行かれる際、α7Cと共に素晴らしい旅となることを心より願っております。

▼中古大幅値下げ!今がお買い得!▼

▼新品はこちら!ネットからのご購入で2年保証!▼


[ Category:SONY | 掲載日時:23年10月23日 18時00分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP