StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】超広角・たまに標準レンズ 2本で沖縄に行く

【SONY】超広角・たまに標準レンズ 2本で沖縄に行く

広角1本(一応、標準レンズをもう1本携帯…)持って旅行にいくのが好きです。
理由はだいたい軽いから。

今回は写真の整理をしていたら見つけた、旅行の写真。
毎年のように行っている沖縄です。
チョイスした広角レンズは、超広角の「Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount」。
カメラはSONY α7IIです。

時期は4月の最後で、東京は春の時期ですが沖縄の気温はすっかり温かい時期なので半そでの人も多いです。
空もこの通り、夏の空の色になっています。

この日は那覇空港に到着直後、バスに乗って3時間近くかけて北西部の本部にある美ら海水族館に向かったのでした。
途中、バスの中から外をスナップするだけでCGのような雲と空が広がる風景を撮ることができます。
そんな海沿いの道を進んでいくので退屈はしません。

美ら海水族館は、海洋博公園の敷地内にありとても広い砂浜が隣接する公園なので散策するのも楽しいです!
早速、館内へと向かい目的の「ジンベイサメの餌やり」を…

ジンベイサメにたどり着くまでに、「ジンベイサメの餌やり」のことをすっかり忘れて
いろんな水槽に立ち寄ってしまい、気づいた時にはすっかり昼過ぎ…
水族館内だけ、持っていた「SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」に付け替えて、
ガラスの反射映りを防止するためにPLフィルターを使用しています。

居ました!ジンベイサメ!!
ごはんの時間まで気長に水槽前で待っていると、だんだん時刻が近づいてきて人が集まってきました。

始まりました。ジンベイサメの食事の時間。
水族館での餌やりの時間は、飼育員が水面を柄杓でたたくとジンベイサメが餌を食べるために
口を大きく水面近くで開けるために自然と縦になるようになったそうです。
もちろん自然界ではこの光景は見れません。

このあと、水族館をあとにして、夜のうちに再びバスで移動。
宿泊先である那覇市内に戻りました。

2日目は、朝早くから那覇市内の市場や市内を散策。
毎回かなりタイトなスケジュールで行くのですが、今回も1泊…夜の最終便で東京に戻るのです。

早朝の市場周辺はさすがに人も少ない。
この日の早朝、市場にきた目的は空いている売り場で買った魚を調理してくれる
カウンターがあるので、新鮮な魚を朝ごはんにできるのです。

沖縄らしい色鮮やかな魚がたくさんあります。
魚を選んで買って調理カウンターで調理方法を選んでいただきました!

残りの時間はまずは那覇空港から近い「瀬長島」に移動して海沿いのハンモックカフェで一休みです。

瀬長島西海岸沿いにある商業施設には、工芸品を売っているショップや
こういった席がすべてハンモックのカフェがあったりとゆっくり過ごすことができます。
那覇空港からも車で15分なのでお勧めのスポットです!

沖縄にきたのに海にいってないよね?という話になり、那覇空港に着陸するための飛行機が真上を通るビーチに向かうことになりました。
今回は友人4人でやってきたのですが、写真目的が筆者含め2名、遊び目的が2名だったので海水浴組と散策組に分かれて時間ギリギリまで過ごすことに。

海開き直後のビーチは人もまだまばらで、子供たちが浜辺で水遊びをしている楽しそうな光景に
いい年した大人の私たちもついはしゃいでしまい靴を脱いで水際を歩いてみたりと満喫してきました。

このビーチは先にも書いた通り、真上を飛行機が通ります。
ビーチに大きな機影が映り、その光景が綺麗なのですがいろんな角度からビーチを見るためにビーチの周りを一通り散策して撮影ポイントを探ります。
今回は超広角レンズなのでビーチ全体が映るスポットを探し続け…撮影に何度もトライ!

この1枚に満足して、今回の沖縄は終了です。

那覇空港の夕暮れを見ながら、沖縄に別れを告げて最終便で羽田空港へ。

ただいま東京!

みなさまも、広角レンズをもっておでかけの計画、いかがでしょうか。

使用機材はこちらです!

[ Category:SONY 未分類 | 掲載日時:21年03月06日 11時00分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP