StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【SONY】12月の昼と夜

本日ご紹介するMapTimesで使用した機材こちらです。
・SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500
・SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

ふたご座流星群が観測された12月の半ば、毎年イルミネーションが綺麗で有名な自宅近くの駅に出掛けてみました。
このブログが掲載されるのがちょうど12月25日ということもあり
この日に合った写真が撮れればと、期待と不安が入り混じったまま家を出発しました。

目的地に到着したはいいのですが早く着き過ぎてしまった為、下見がてら周辺を散策することにします。

 

駅から続くなだらかな坂を上ってゆくと、丘の上に切り取ったような空が現われました。
その下で、子供たちが楽しそうにお喋りをしています。

 

12月も半分を過ぎようとしている頃だったので、この地域の銀杏の葉はすべて落ちていました。
それでも落ちたばかりのものにはまだ綺麗な黄色が残っていて、カメラを低く構えるとちょっとした絨毯ができました。

 

日の傾きと共に、建物の影がだんだんと伸びてゆきます。
この時間帯は人もまばらで、一人きり黙々と撮影を続けます。

 

長く伸びた木の影と柱の鋭角な陰影が、冬の日中を印象付けます。

 

横道にそれると人影は更になくなり、気温も一段と低下してきました。

 

ステゴザウルスと思われるオブジェ。
小学校の通学路脇にあるのですが、帰宅途中の子供達には見向きもされず一人佇んでいました。
腐食が進んだ錆が、太古の恐竜を思わせます。

 

この日の空は雲ひとつない抜けるような晴天で、小さなお月様が一つ浮かんでいるだけでした。
冬の空は吸い込まれるような青を見せてくれるので、ついついレンズを向けてしまいます。

このあと喫茶店へ移動し、暖を取りつつ日が落ちるの待つことにしました。

 

日が落ちてイルミネーションが灯り始めたので、撮影再開です。
光のトンネルの中を潜ると、色とりどりの魚が眩しいほどの光を放って泳いでいます。

 

オレンジ色に光るみかんが、木の枝を同じようにオレンジに染めています。

 

冬のイルミネーションといえば、やはりクリスマスツリーですよね。
通りを行き交う人たちも足を止め、ツリーを撮ったり友達と自撮りしたり、皆さん一様に冬のひと時を楽しんでいました。

 

ツリーを撮りながらふと空を見上げると、昼間に見かけた月が白く光っていました。

イルミネーション撮影が目的で出掛けたのですが、納得のゆく写真を撮ることはなかなか難しく
日中の写真の方が多い結果となってしまいました。
それでも、一枚一枚の露出調整で四苦八苦することがまた楽しく
クリスマスが終わったあとの年末年始も、夜景を撮りに出掛けようと思っています。

今年も残すところ、あと一週間となりました。
皆様も様々な場所、様々な時間で、年末年始のカメラライフを健やかにお楽しみください。
マップカメラがその一助になりましたら、幸いです。

 

 

[ Category:SONY | 掲載日時:21年12月25日 11時00分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古欲しいを応援SALE みんなのしあわせフォトコンテスト

RECOMMEND

PAGE TOP