【SONY】VLOGCAM ZV-1で撮る「一人旅×Vlog」

 

SONYから新しいコンセプトのカメラがデビューします!

VLOGCAM ZV-1

 

Vlog=ビデオログ

日常生活を映像で記録する。その行為は一昔前と比べて、広く一般化されました。

誰もが、自分の日常を映像で全世界へ発信できる時代。

その多くはスマートフォンで撮影された映像がほとんどです。

 

しかし、映像美を重視するユーザーには、「スマートフォンで撮れる映像では満足できない。」

という声があります。

ですが、美しい映像を撮影できるカメラは、操作が難しい、手軽ではない。

 

もっと手軽に!しかも美しい映像を撮りたい!

 

そんなニーズに応えるべく登場したのがこの「ZV-1」です。

 

実際に撮影したフッテージと共に、このカメラの機能に迫っていきます!

今回の撮影設定は。

「XAVC S 4K」シャッタースピードは1/50固定、マニュアル撮影モード。

フレームレートは24P、ピクチャープロファイルは「PP6」のCine4ガンマでお手軽に映画風を目指しました。

 

最初のフッテージは、ボケの雰囲気を見るために、手前に紫陽花を配置して、奥に抜ける道を入れ込んだ構図をとりました。開放がF1.8と明るいので、比較的小さめのセンサーサイズの割に、ボケを生かしたカットを狙えます。

ハイスピード撮影もできて、印象的な画も狙えます。メインは自撮りしつつ、その途中で気になった被写体をハイスピードで狙う。いわゆる「Bロール」にもってこいですね。

 

電車内から車窓の風景をとらえました。グリップ込みでもコンパクトなZV-1は「撮りたい」と思った瞬間にカメラを取り出して、すぐ撮影することができます。液晶画面がバリアングルになって、自撮りもしやすくなりましたが、もう一つの利点として、画面を展開するだけで、カメラの電源を立ち上げることが出来るようになりました。電源ボタンを押すよりも早く、直感的な操作ができるのがVLOGCAMらしさと言えると思います。

 

小田原城天守閣までの道のりを手持ち撮影してみました。手振れ補正アクティブにするとクロップされ、画角が若干狭くなりますが、より強力な手振れ補正が期待できます。このフッテージではわざとぶれやすい様に歩いてみましたが、なかなかの補正力だと思います。最近は小型カメラ用のジンバルも色々な種類がありますが、旅やお出かけに行くにはなるべく荷物を減らしたいところです。ZV-1ならグリップとセットにしてもコンパクトにまとまります。より気軽に持ち出せます。

 

如何でしたでしょうか?

コンパクトかつ、手軽にV-Logが撮れる「ZV-1」はスマートフォンに代わる新たなSNSガジェットとして、色々なユーザーが手に取ると思います。とにかく、カンタン!手軽に動画撮影ができるので、今まで本格的な動画撮影がしたい!でも、どうやったらよいかわかりづらい!そんなユーザーの強い味方となること間違いなしです。

 

さあ、あなたも「ZV-1」を片手に、「UP!ME」セカイにジブンをアップしよう!

他のマップカメラスタッフもSONY (ソニー) VLOGCAM ZV-1でVlogに挑戦中!

[ Category:SONY | 掲載日時:20年06月21日 11時00分 ]
2+

NEW POST

MORE
PAGE TOP