【SONY愛】METABONES製 SPEED BOOSTERを使って見ました。

メーカー愛スプリングバトルSONY編

今月は【愛】語るということで
「SONY」製品を使った情報も【SONY愛】
入れさせて頂きます。
どんどん「クリック」して下さい!!

今回は「METABONES製 SPEED BOOSTER」「SONY Eマウント」用を試してみました。
METABONES製 SPEED BOOSTER
METABONES製 SPEED BOOSTER/SONY Eマウント用(レンズはCanon EF)

写真を見ていただくとレンズが入っているのが分かると思います。
4枚のレンズが入っており、画角を0.71倍にします。
35mmのレンズを装着すると24.85mm相当になり、
「SONY NEX-5R」に装着すると24.85 X 1.5倍になりますので
37.275mm相当でほぼ画角が同じになります。
そして、本来35mmフイルムサイズのイメージサークルをカバーする光を、
より狭いAPS-Cサイズのイメージサークルに集約する。
光量は変化しないため、ひとまわり小さい範囲によりたくさんの光が集まり、
結果として1段分明るくなるとのことです。
1段分明るくなるので「SPEED BOOSTER」と名づけられたとの事です。
電子接点もありますので「Canon EFレンズ」では絞り及び一部のレンズではオートフォーカスも動作します。

では、早速「Canon EF35mm F2 IS USM」で試してみましょう。
「SPEED BOOSTER」に「Canon EF35mm F2 IS USM」を装着
「SPEED BOOSTER」に「Canon EF35mm F2 IS USM」を装着

使用するカメラ「NEX-5R」
NEX-5Rに装着
NEX-5Rに装着

「SPEED BOOSTER」に取外し可能の三脚座があります。
フォーカスポイントを中央に設定して絞り開放
シャッターを半押しで
シャッター半押しの状態
シャッター半押しの状態

画像を見ていただく「NEX-5R」の液晶モニターの左下の
絞りの数値が「F1.4」を表示しております。
「開放F2」のレンズですので1段分明るくなっているのが分かります。
そして、液晶モニターの真ん中の
フォーカスフレームが緑色になっているのも分かります。
オートフォーカスが動作してピントが合っている状態を表しています。
液晶モニター部分の拡大
液晶モニター部分の拡大

絞りの設定を絞って撮影しますと
レンズの絞り羽根が動作します。
レンズの絞り羽根が動作している状態
レンズの絞り羽根が動作している状態

今までのマウントアダプター(SONY純正以外)殆どマニュアルですが
「METABONES製 SPEED BOOSTER」だとほぼ専用レンズと同じ使用感です。

最後に撮影した画像の比較です。
左が「NEX-5R」で撮影した画像、右側が「Canon EOS5D MarkIII」撮影した画像です。(クリックしますと拡大します。)
NEX-5R SPEED BOOSTER EF35mm F2 IS USMEOS 5D MarkIII EF35mm F2 IS USM
撮影データは「NEX-5R シャッター速度1/500 絞り値F1.4 感度100 WBオート
EOS5D MarkIII シャッター速度1/100 絞り値F2.0 +1.0 感度100 WBオート
画角はほぼ同じです。ボケもそれほど違いが有るとは思われません。

最後にマウントアダプターをご使用際には無理にカメラ・レンズの装着はしないで下さい。
カメラ・レンズの故障原因になりますので十分ご注意下さい。

「METABONE」製「SONY NEX」用マウントアダプターは「Canon EFレンズ」用以外「YASHICA/CONTAX」用等ご用意しております。
商品のお問い合わせはマップカメラ本館3階までお願い致します。

Tel 03-3342-3381≪本館代表≫

皆様のご来店・お問い合わせを心からお待ちしております。

↓クリックで1票!

[ Category:SONY | 掲載日時:13年04月06日 17時15分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP