【TAMRON】マクロの世界

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F5 1/160秒 ISO200

皆さんこんにちは!
さて、かなり春らしい写真から始まりましたが、今回ご紹介いたしますのは
先月発売した「TAMRON SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」です!
およそ3年ぶりのリニューアルとなったTAMRON 90mmですが、
既に発売されている35mm、45mm、そして最近発売した85mmと同じく
TAMRONの新SPシリーズとして発売されました。
外観も一新され、従来の90mmよりもさらにシンプルで滑らかなデザインに。
はたしてその写りはいかに!…ということで、同じく新製品のNikon D5と共に撮影に行ってまいりました!

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F5.6 1/800秒 ISO200
冒頭の桜の写真も等倍で撮影しましたが、コチラも等倍での撮影です。
普段目にすることのできないマクロの世界。まさかポピーの茎がこんなにモジャモジャだとは…。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F5 1/1250秒 ISO200
タンポポの蕾もモジャモジャでした。
春の代名詞と言えば桜ですが、個人的にはタンポポもそれに匹敵すると思います。
まだまだ朝晩は寒さが続きますが、昼間はとても暖かく、次々と春の花が顔を覗かせています。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F6.3 1/1600秒 ISO400
普段あまり大きなカメラは持ち歩かないのでどうかなと思いましたが、
D5はびっくりするほど使いやすく、特にタッチパネルが想像以上に良いです!
「フラッグシップ機にタッチパネル…?」と思っていたあの時の自分を叱りたいほどに。
マクロレンズでの撮影はピント面が浅いため、プレビュー画面で拡大表示を多用するので
このタッチパネル機能はとても重宝しました。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3.5 1/3200秒 ISO400
こちらの写真は実はF2.8で撮影をしているのですが、イグジフにはF3.5で記録されています。
カメラ上の表記も同じくF3.5。ニコンでマクロレンズを使用したことのある方だったら、
一度は「アレッ?」と思った経験があるのではないでしょうか。
そう。これは故障でもなんでもなく、「実効F値」が表示されているのです。

実効F値とは何か?簡単に説明をすると、マクロ撮影は無限遠の撮影と比べて
被写体に近づけば近づくほどレンズから入ってくる光の量が減るので、
それを計算して撮影をしないと被写体が暗く写ってしまうのです。これを「露出倍数」といいます。
ニコンはこの露出倍数を加味してF値(実効F値)を表示する仕組みになっています。
かなりざっくりとした説明となってしまいましたが、気になる方はぜひ「実効F値」で検索をしてみてください。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3 1/4000秒 ISO400
手前から奥に向かってきれいにボケの層ができています。
奥行きを表現できるのも、中望遠レンズならではの特徴ですね。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3 1/1600秒 ISO400
ショーウインドウ越しにも関わらず、革のしっとりとした質感が伝わってきます。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3.5 1/3200秒 ISO400

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3.3 1/800秒 ISO400
象(?)のマスコットが上からぶら下がっていたので、思わずシャッターを切ってしまいました。
憎めない顔をしています。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3 1/3200秒 ISO400

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3 1/5000秒 ISO400

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F2.8 1/3200秒 ISO400
のんびりと街中を散策していると……おや?にょきっと塀の中から猫が現れました。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F3 1/6400秒 ISO400
追いかけて撮影していたら威嚇をされてしまいました。
コンタックスの90mmを使用していた時もそうですが、
90mmのレンズで撮影をしているときはよく猫に出会います。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F4.5 1/400秒 ISO400
差し込む光が、柔らかく窓辺を照らしてくれています。
写真を撮るときは機材も重要ですが、光も重要。
光を求めて歩いていると、気付いたら迷子になっていた…なんてこともしばしば…。

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type)+TAMRON (タムロン) SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD/Model F017(ニコン用)
F4.5 1/60秒 ISO400
個人的にタムロンの新SPシリーズは見た目がとても上品で好きです。
手になじむ滑らかな外観と、操作性の良さ。
AFは驚くほど静かで、精度も良好。
今回は撮影にD5を使用しましたが、D5とのバランスもなかなか良かったです。

さて、いかがでしたでしょうか。
マクロにポートレート、そしてスナップ撮影と、様々なシーンで活躍を見せてくれる中望遠マクロ。
進化した手ブレ補正はとても優秀で、冒頭でのマクロ撮影もブレることなく撮影できました。
マクロレンズを持っているとぐっと撮影の幅が広がるので、
これからの花の季節にぜひオススメをしたいレンズです!

〓〓タイムズフォト〓〓〓〓新製品〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:16年03月30日 18時10分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP