StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【TAMRON】SP 35mm F1.8 Di VC USD/Model F012Eで撮る

今回使用したレンズはこちら。
フルサイズ対応単焦点35mmレンズ「SP 35mm F1.8 Di VC USD/Model F012E」です。

タムロンの新SPシリーズレンズの1本です。
ゴールドやシルバーのラインに品名が表記されているイメージがあるタムロンですが、
新シリーズはスタイリッシュなデザインでカッコいいですね。

 

まずは簡単にこのデザインを数方向から見てみましょう。
表記も必要最低限の内容でまとめられています。

 

 

個人的に一眼レフに装着するレンズで気になっているのはフォーカスリングの幅です。
だいたい親指の腹程度の幅があり、太すぎず細すぎない丁度いいサイズです。

 

 

スイッチ関連も非常にシンプル。
AF/MFの切り替えとVCのON/OFF切替のみとなっています。
いつの間にかスイッチが切り替わっていることもありましたので、
構える前に左手の親指を軽く這わせて簡単に確認しながら撮影していました。

 

 

手探りですが、こんな感じで撫でて確認しています。
これもシンプルなデザイン故の利点ですね。
複雑にボタンが無いため、ボタン位置さえ覚えれば感覚でできます。

 

 

フルサイズとAPS-Cに装着した際の違いですが、
フルサイズだと35mmで、APS-Cだとおよそ55mm相当になります。
言葉ではイメージしにくいと思いますので、
SP 35mm F1.8 Di VC USD/Model F012をフルサイズ機体とAPS-C機体に装着した際の比較をしてみました。

フルサイズ機体はEOS 5D MarkIVでAPS-C機体はEOS 90D。
このレンズだけではないですが、フルサイズ機体とAPS-C機体で違いが出ることは注意が必要です。

 

 

SP 35mm F1.8 Di VC USD/Model F012をEOS 5D MarkIVに装着して簡単に撮影をしてみました。
1、2cmの大きさの小さい花にもかなり接近して撮影できました。
このレンズの最短距離はなんと0.2m
撮影倍率は1:25倍で、マクロレンズ並に寄れます。

 

 

樹皮でボケの確認。
F1.8のボケ方も自然で個人的に好みなボケ方をしてくれます。

 

 

スナップ撮影や風景撮影に適した性能で、
カメラを覗くのが楽しくなります。

 

 


ボディのサイズとマッチしたスタンダードな単焦点レンズを選んでみたつもりだったのですが、
通常運用はもちろん、かなり近寄れる事に驚きました。
スナップ撮影をしながら花などを接近して撮影する事もあるので、最短距離が0.2mのこのレンズだとストレス無く撮影出来ました。
AFもTAP-in Consoleで調整可能ですので、ぜひTAP-inと一緒に買いたいレンズです。

[ Category:etc. | 掲載日時:20年09月10日 11時00分 ]
1+

RECOMMEND

PAGE TOP