【The Prime Lens】Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4『SONY』

今回使用したレンズはVoigtlander 「NOKTON classic 35mm F1.4」ボディはSONY「α7S」
F1.4の明るさですが、とてもコンパクトなので近所を散歩したり、ちょっとした撮影には最適な大きさです。

α7Sと言えば映像撮影でも使われる方の多いカメラ、MFレンズならではの適度なトルク感が写真だけでなく動画撮影時のフォーカシングにも最適です。

日中の撮影では絞りを絞る事でシャープな描写を楽しみましたが、
夜の撮影では全てF1.4で撮影、開放での描写は柔らかく、独特の味があります。

「NOKTON classic」レンズ名の通り設計上、意図的に収差を残すことでクラシックレンズの味わいを実現しています。

現代レンズの傾向として高画素センサーに合わせて収差を排除し高解像力なレンズが多くなっている中、「NOKTON classic 35mm F1.4」のようなコンセプトのレンズは撮影していてとても新鮮です。
もちろん、オールドレンズとは異なり電子接点があるのでExif情報の記録やカメラボディ側の5軸手ブレ補正にも対応しています。

オールドレンズ好きの方、現代レンズの写りに変化の欲しい方は是非、このレンズ独特のクラシックな描写をお楽しみください。

▼今回の機材▼

[ Category:SONY | 掲載日時:20年03月23日 16時45分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP