【マップカメラ情報】【Touch The GR】GRデジタルのマクロ性能に迫る!

ただいまマップカメラWEST 2Fでは
「Touch The GR」と題しましてRICOH GRシリーズを特集しております。
今回はGRデジタルのマクロ機能にスポットを当ててみます。
前回のGRユーザーのレビューでも
良く使われるモードとしてあがっていました。
1cmまで寄れるマクロモードの実力とは…

最新のGRデジタルIVの「マクロモード」で
店内のカメラを実際に接写してみます。
null

ローライフレックスやアルパを接写してみます。
null

「マクロモード」は背面の十字キーでワンタッチで呼び出せます。
null

レンズの一部が「マクロ仕様」のポジションになるとのこと…
null

ググッと寄ります。
こちらはコイン。
null

絞り開放F1.9だと合焦点前後で大きくボケます。
null
スナップ用としての使い勝手や写りの良さだけでなく、
マクロ撮影でのこの画質はちょっと驚きです。
ちなみに、三脚なしの手持ち撮影で、
特別に照明を当てているわけではありません。

ここからは現行機のGRデジタルIV(2011年10月発売)と
2世代前のGRデジタルII(2007年11月発売)で撮り比べをしてみます。

GRデジタルIVはIIから4年後の発売で、
レンズは28mmF2.4⇒28mmF1.9
最短撮影距離1.5cm⇒1cm
とスペックが向上しています。

GRデジタルII
(絞り開放F2.4)
null

GRデジタルIV
(絞り開放F1.9)
IIよりもっと寄れるのですが、
比較のため、同じフレーミングで撮影しました。
null
レンズが明るいからでしょうか。
画面左上の刻印の文字が柔らかく表現されています。

次は平面を真上から撮影。
GRデジタルII
(絞り開放F2.4)
null

GRデジタルIV
(絞り開放F1.9)
null
GRデジタルIV は「像面湾曲」を徹底して修正しているという事ですが
このカットではあまり差がでません。

平面を斜めから撮影しました。
GRデジタルII
(絞り開放F2.4)
null

GRデジタルIV
(絞り開放F1.9)
null
IIに比べるとやはりボケが柔らかく、
周辺の画質が自然です。
こういう描写の違いが「進化」ということなのでしょう。

マップカメラWEST 2Fにて
歴代のGRを展示しております。
ご来店お待ちしております。

インターネットからのお買い物はこちらから

[ Category:未分類 | 掲載日時:13年01月25日 21時11分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP