【Voigtlander】APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/50 F2.0 ISO100

長野で創業した光学機器メーカー、COSINAが今年で創業60周年を迎える。

そしてその節目の年に誕生する、フォクトレンダー史上最高性能を謳う標準レンズ。
APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

そのプロトタイプを今回特別にお借りする事が出来たため、試写に臨んだ。
発売日前ではあるが、一部の写真をお届けしたいと思う。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1600 F2.0 ISO100

最早多くを語る必要はないだろう。
写真を見て、感じてほしい。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

記憶に新しいところで挙げられるのが
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 ASPH、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
であるがこの2本と比べても大変コンパクトかつ軽量なのが1つの特徴になるだろう。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1250 F2.0 ISO100

描写に関してはもう何も申す事がない。ただ、ただ素晴らしいの一言だ。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/320 F2.0 ISO100

コンパクトながらも設計に無理がないためか
絞りを開けた状態から周辺の光量も比較的豊富である。
65mmや110mmは背景によって、口径食を気にしながら絞りの選択をする必要があったが
この点においてもかなり良好である。気になる方はF2.8まで絞ると良いだろう。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100
SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/100 F2.0 ISO100

前ボケと後ボケどちらも美しくするのは難しいとされるが、特に前ボケが美しいと感じるレンズだ。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/1000 F2.0 ISO100

佳い光を、ありのまま捉える。
その光がかたどるモノの形、情緒までも。

SONY (ソニー) α7RIV ボディ ILCE-7RM4+Voigtlander (フォクトレンダー) APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-Mount
ss1/125 F2.0 ISO100

純正とサードパーティーの垣根を超えて
Eマウントボディで使えるレンズとしてマスターピースの1つと言っても過言ではないだろう。

ぜひその手に取って、確かめて欲しい。





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc. | 掲載日時:19年12月10日 12時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP