StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Voigtlander】NOKTON 35mm F1.2で撮るモノクローム

【Voigtlander】NOKTON 35mm F1.2で撮るモノクローム

気がつけば手元にあるレンズはフォクトレンダーばかりの私。

開放はオールドレンズのように柔らかく、絞り込めばパリッと現代のレンズらしいシャープな写りを楽しめる。
プライベートで使用している機材がオールドレンズばかりなので、フォクトレンダーの持つ「ちょっとオールドレンズの香り」がちょうど良かったりするのです。
 

今回ご紹介するのはXマウント用として登場した『NOKTON 35mm F1.2 X-mount』。
発売が予定されているZマウント用『NOKTON D35mm F1.2』のベースとなったレンズです。
 
以前撮影した写真をモノクロで仕上げてみました。

開放F1.2では少しフワッとする描写なので、モノクロとの相性は抜群。
被写体にもよりますが、一片の隙もないカリカリ描写より、曖昧なニュアンスの残る写真の方が個人的には好みです。
 

目に見えないものを写真に撮りたい。いつもそう思ってシャッターを切っています。
…とはいえ、念写や心霊写真的な話ではないですよ。
 

大好きな写真もコーヒーも余韻が大事だと思うのです。
 

しかし、令和の時代にオールドレンズのような写りをするAPS-C専用MFレンズを登場させるのですから、コシナ・フォクトレンダーは面白い会社だなと。他ではきっと作れないレンズだと思います。
 

まだまだ入手困難な人気レンズ『NOKTON 35mm F1.2 X-mount』
そして発売が待ち遠しい『NOKTON D35mm F1.2』

絞りで写真の印象が大きく変わるレンズです。
カメラが好き、写真が好きな方は、ぜひ一度使ってみてください。

 




 

[ Category:etc. FUJIFILM | 掲載日時:22年03月02日 16時58分 ]

マップカメラのおすすめイベント

中古全品ポイント5倍 新品2年保証

RECOMMEND

PAGE TOP