StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索
【Voigtlander】Vintage Lineで春を撮る

【Voigtlander】Vintage Lineで春を撮る

レンズ:Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM(ライカM用)

ビンテージラインシリーズ第2弾として2015年に登場したレンズです。

ボディ:Leica (ライカ) M(Typ240)

2013年発売。ライブビュー撮影が可能なフルサイズ/レンジファインダー機です。

シルバーのボディーとブラックのレンズの組み合わせは、オーソドックスなスタイルの見た目になり撮影に集中できます。

同じくビンテージラインのシルバータイプは真鍮に光沢のあるクロームメッキで、メカニック感が強くなります。

ブラックペイントのボディと組み合わせると相性がよさそうです。

 

フォクトレンダーの往年の意匠による鏡胴のデザインは、見た目よりも操作がしやすくとてもお薦めです。

ピントリングの彫りの深い段差が、ファインダー内の2重像合致を確実にアシストします。

フォクトレンダーらしいシャープでクリアーな印象のレンズですが、

絞り開放付近では周辺の解像度が甘く、周辺光量落ちも見受けられます。

とはいえ画像が崩れるほどでもなく、また少し絞ると均一の画質になります。

趣味の写真としては、この揺らぎのある付近で撮りたいものです。

一眼デジタル、ミラーレスカメラを使っていると、撮影したばかりの画像が気になりモニターで仕上がりを確認しながら撮影を進めていきます。

しかし、ライカMでの撮影では撮影直後の「仕上がり」があまり気になりません。

角度を変えてピントやフレーミングを追い込むことも特にしていないことに気が付きました。

高価なカメラであるにもかかわらず、肩の力を抜いて景色を切り取っていく。

そういう感覚でしょうか。

 

 

[ Category:Leica | 掲載日時:21年03月29日 11時20分 ]

 

マップカメラのおすすめイベント

対象の中古デジタルカメラご購入でSDカードプレゼント 指定の中古商品にお買い替えなら買取額最大20%UP

 

RECOMMEND

PAGE TOP