StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【Rollei】どっちのローライ?

二眼レフカメラの雄、ローライフレックス。

まるでアンティークの工芸品のような佇まいのカメラは、飾っているだけでも絵になります。
ですが、勿論、現在でも十分撮影を楽しめるカメラです。

特に、ローライフレックス3.5Fは、75mmF3.5の撮影レンズを搭載した3.5シリーズの最終モデルとして、カメラ史に名を残す逸品。
1958年から1976年までの間製造されました。

同じく人気の80mmF2.8レンズを搭載した2.8Fに比べ、レンズが小さいぶん手のひらに収めた時のボディバランスが良く、シャッターレリーズの感触も2.8Fよりも軽いのが特徴です。
当時、より明るい2.8Fがアマチュアカメラマンに人気が高かったのに対し、3.5Fはプロカメラマンや玄人に愛される通好みのカメラでした。

そのローライフレックス3.5Fですが、
撮影レンズにカール・ツァイス社のプラナー 75mm F3.5を搭載したモデルと、シュナイダー社のクセノタール 75mm F3.5を搭載したモデルの2種類が存在します。

さて、どちらを選べば良いでしょう?

昔から、カール・ツァイスのプラナー レンズは、より柔らかな描写でポートレート向きと言われ、シュナイダーのクセノタール レンズは、周辺部の歪みが少なく風景撮影向きと言われてきました。

 

…が、本当に同じ条件で撮影しないと、なかなかその差は分からないとも言われています。
となると、決めるのは、個人の好みというところでしょうか。

日本では、古くから根強くツァイス信仰があり、プラナー レンズの方が人気が高かったようです。
あえてクセノタール レンズを選び、通ぶるのも乙かと…

あなたなら、どちらのローライを選びますか?!

 

 

 

 

 

 

 

 


〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

 

[ Category:etc. | 掲載日時:20年09月13日 20時37分 ]
8+

RECOMMEND

PAGE TOP