StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【マップカメラ鉄道倶楽部RailMap】エリートの引退、特急東海

2007年3月18日、JRグループでダイヤ改正が行われます。

最近は、ダイヤ改正といってもピーク時の運用に限界を向かえているため、ダイヤそのものの目新しい改正は少なくなってきています。むしろ新型車両の投入や、サービス変更のきっかけにすぎなくなっているように感じます。

そんな折、3月18日の改正内容にとても悲しいお知らせを見つけてしまいました。

◆ご利用の少ない特急「東海」を廃止します。

特急「東海」は、東海道本線の東京〜静岡間を朝と夕方に1日2往復している特急列車です。
そしてその運用開始当初は、東海地方と東京を結ぶビジネスマンの足として、存分の活躍を期待されていました。
しかし、運転区間が新幹線と完全に重複しているために、利用者数が全く伸びず、空席が目立つ車両を指して「空気輸送車」などと揶揄されることすらありました。

東海2号 大井町駅にて
特急「東海」2号 大井町駅にて

東海3号 浜松町駅にて
特急「東海」3号 浜松町駅にて
使用機材:Nikon D200 +AFED80-200mmF2.8DNew

社名にもなっている「東海」は、実はかなり歴史と由緒のある優等列車なのです。
手元の資料によれば、「東海」は昭和30年に東京〜名古屋を結ぶ準急列車としてデビューし、その後運転区間の変更を重ねながら
昭和39年に急行に昇格します。そして平成8年にはついに「特急」にまで出世しました。

昇進直前の急行東海
平成8年3月、特急昇進が決まった東海。急行車両165系での最後の勇姿 辻堂〜茅ヶ崎

入社52年目、出世を重ねたエリートが今、引退を向かえようとしています。

[ Category:etc. | 掲載日時:07年03月10日 22時54分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP