StockShot

写真のあるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

  • タグ一覧
  • 検索

【カメラ関連ニュース】キヤノン

“マゼンタ傾向”の修正などEOS 50Dの最新ファームウェア(Version 1.0.7)公開

【主な内容】
キヤノンはデジタル一眼レフカメラ「EOS 50D」の最新ファームウェアを公開。バージョン番号は1.0.7。更新により下記現象が解消する。
•撮影シーンにより、撮影した画像が若干マゼンタ傾向となる点
•メニュー画面中の4言語の誤表示
ファームウェアの更新は、CFまたはUSB経由で行う。
EOS 50Dは2008年9月に発売された、有効1,510万画素CMOSセンサーや92万ドットの3型液晶モニターなどを搭載するデジタル一眼レフカメラ。EOS DIGITALシリーズのミドルクラスにあたる。
 

[ Category:Canon | 掲載日時:09年07月31日 10時15分 ]
0

RECOMMEND

PAGE TOP