コンパクトなカメラにはコンパクトなレンズを

私はコンパクトな機材が好きで、「Canon EOS Kiss X7」に、
コンパクトな単焦点レンズ「EF-S24mm F2.8 STM」や、「EF50mm F1.8 STM」などを付けて撮影しています。

ワイドレンズが欲しくなり、探したところ、「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」が候補になりましたが、
コンパクトなEOS kiss X7につけると、このレンズでさえ、大きく感じられてしまい、購入をためらってしまいます。

そんな時、目に留まったのが「PENTAXには DA15mm F4 ED AL Limited」。
マウントアダプターも見つけ、単焦点レンズの方が好みだということもあり、思い切って買い揃えてみました。

Canon EOS Kiss X7 + PENTAX DA15mm F4 ED AL Limited

画角はペンタックスのカメラでは1.5倍で、22.5mm相当ですが、
キヤノンの場合は1.6倍で、24mm相当という丁度いい焦点距離になります。

マウントアダプターは、RAYQUAL マウントアダプター ペンタックスK(DA)レンズ/キヤノンEFボディ用という製品です。
マウントアダプターの構造がどうなっているのかを知りたいというのも、欲しくなった理由の一つでした。
このマウントアダプターは、絞りリングのないDAレンズ専用です。
装着状態でレンズを少し回転させることで、絞りを簡易的に調整することができます。
僅かなスペースの中で、よく考えられているなと感心させられます。

Canon EOS Kiss X7 + PENTAX DA15mm F4 ED AL Limited

Canon EOS Kiss X7 + PENTAX DA15mm F4 ED AL Limited)

Canon EOS Kiss X7 + PENTAX DA15mm F4 ED AL Limited

画像の歪みはほとんど感じられません。
遠景の撮影であればフォーカスは目測で十分合わせられます。
マウントアダプターのデメリットをほとんど意識せず使うことができました。

注意点は一つだけ。フードを伸ばして、最少絞りにするとごく僅かなケラレが発生しました。
大きく絞りたいときは少しフードを縮めておくことが必要です。

金属製の鏡筒に高級感があり、コンパクトにまとまっていて、面白い組み合わせだと思います。


今回の使用機材


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon | 掲載日時:18年11月17日 17時00分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP