【カメラ関連ニュース】タムロン

手ブレ補正機構と超音波モーターを搭載したモデル『SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)』公表

【主な内容】
タムロンは、35mm判フルサイズ対応の90mm等倍マクロレンズの次世代機種として、全く新しい光学系に刷新し、
手ブレ補正機構「VC」と超音波モーター「USD」を搭載するニューモデルの発売を公表。
2012年11月22日にキヤノン用を発売。ニコン用、ソニー用は近日発売予定としている。
※ソニー用はソニー製デジタル一眼レフカメラがボディ内に手ブレ補正機能を搭載しているため、手ブレ補正機構「VC」は搭載し
ていない。
商品特長
1. タムロン伝統の90mmマクロレンズを最新の光学設計に刷新。 さらに、手ブレ補正機構「VC」と
超音波モーター「USD」を搭載し、デジタル時代に相応しいマクロレンズとしてリニューアル。
2. 先進の光学設計と円形絞りの採用により、タムロン90mmマクロレンズの伝統を引き継ぐ良質の「ボケ味」を実現。特殊硝材 XLD(Extra Low Dispersion)レンズ2枚、 LD(Low Dispersion : 異常低分散)レンズ1枚を使用して色収差を補正するなど、諸収差を徹底補正することで
解像性能が高い、シャープな画質。
3. 新しいコーティング「eBANDコーティング (イーバンド・コーティング)」を開発し、従来のBBARコーティングよりも反射防止性能を飛躍的に向上させて、フレアー、ゴーストを大幅に抑制。 クリアでヌケのよい画像を提供します。
4. 手ブレ補正機構「VC(ムービングコイル方式)」の搭載で、手ブレを軽減したシャープな画質に。
5. 超音波モーター「USD」の採用で、素早いAF駆動とフルタイムマニュアルフォーカスを実現。
6. インターナル・フォーカス方式の採用により、ピント合わせによるレンズの繰り出しがないため、139mmの長いワーキングディスタンスを実現。 近接撮影時に被写体との距離が保てるので、より快適に撮影できる。
7. レンズ内部に水滴が浸入しにくい簡易防滴構造を採用。
なお、現行機のTAMRON SP AF90mm F/2.8 DiMACRO 1:1は好評につき、引き続き併売となる。

[ Category:etc. | 掲載日時:12年11月06日 16時05分 ]
0

NEW POST

MORE
PAGE TOP